機会の損失とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXにおいて「機会」を損失すると言う、

”機会損失”と言うものがあります。

 

 

”機会損失”と言うのは、

実際はトレードして負けたわけではないのにもかかわらず、

寝ている間などトレードできない状態でトレードチャンスが訪れ、

そのトレードがもしも勝ちトレードだったのならば、

 

「とれていたはずの利益」

 

利益取れるはずだったのに取れていないので、

「損失を出した」と感じてしまうのです。

 

 

トレード以外にもみなさんの日常の中で、

 ・なになにしておけばよかった

 ・わかっていたのに行動しなかった

 

このようなことで損失つまり後悔をすることってありますよね?

 

 

このようなことも「機会損失」になります。

 

 

この機会損失は、

勝てていない方や初心者の方は、

ものすごく嫌いなのです。

 

 

トレードしていれば、利益が出ていたはずなのに・・・・・・

 

このように後悔してしまうのです。

 

しかし実際は、損失を出していないにもかかわらず、

「損失を出した」と感じているために、

焦ってトレードしてしまう方も多いのです。

 

そして焦ってトレードした結果、

負けてしまうのです。

 

 

みなさんもこのような経験があると思います。

 

 

そして、勝てていない方や初心者の方など、

いつも自分のルール通りのトレードをできない方が、

実際に負けたトレードで損失を出した後に、

トレードチャンスが訪れたとしても迷ってしまってトレードできなかった。

 

そして、負けたトレードを引きずり、

迷っている間に、

レートは思惑通りに動くのです。

 

そしてまた利益が出るはずだったのに、

トレードしていないために後悔します。

これが「機会損失」です。

 

そして焦ってしまって、

損失を取り返そうとトレードしようとします。

 

もちろんトレードをいくらしようとしても、

トレードチャンスを相場が私たちに与えてくれない限り、

トレードすることが本来はできません。

 

 

しかし、焦って損失を取り返そうとしているあなたは、

トレードチャンスがないにもかかわらず、

トレードしてしまうのです。

 

自分が無理やりトレードする理由をみつけトレードするのです。

 

もちろんそのトレードは、

自分のトレードルールを守っているはずがありませんので、

結末は”損失”です。

 

今度の損失は、

実際トレードしてしまっているので、

本当の損失になります。

 

そして、また焦り、

このようなトレードを繰り返してしまうのです・・・・・・

 

 

 

私のようにw

 

 

取れるはずだった利益が取れていない「機会損失」

 

 

確かに損失かもしれませんが、

実際は、損失ではないのです。

 

実際に損失を出していないのならば、

「損をした」と思っていても損失ではありません。

あなたが勝手に損をしたと思っているだけにすぎません。

 

正直言いますと、

機会損失を気にしていたらきりがないのです。

 

ですから機会損失により、

もしもあなたが精神的なダメージを受けているのならば、

気にしないでいただきたいです。

 

 

切り替えて次に何をしなければならないのかを考えてください。

 

 

このことをよく理解して機会損失を受け入れ、

トレードに励んでいただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク