機会の損失とは

FXにおいて「機会」を損失すると言う、

”機会損失”と言うものがあります。

 

 

”機会損失”と言うのは、

実際はトレードして負けたわけではないのにもかかわらず、

寝ている間などトレードできない状態でトレードチャンスが訪れ、

そのトレードがもしも勝ちトレードだったのならば、

 

「とれていたはずの利益」

 

利益取れるはずだったのに取れていないので、

「損失を出した」と感じてしまうのです。

 

 

トレード以外にもみなさんの日常の中で、

 ・なになにしておけばよかった

 ・わかっていたのに行動しなかった

 

このようなことで損失つまり後悔をすることってありますよね?

 

 

このようなことも「機会損失」になります。

 

 

この機会損失は、

勝てていない方や初心者の方は、

ものすごく嫌いなのです。

 

 

トレードしていれば、利益が出ていたはずなのに・・・・・・

 

このように後悔してしまうのです。

 

しかし実際は、損失を出していないにもかかわらず、

「損失を出した」と感じているために、

焦ってトレードしてしまう方も多いのです。

 

そして焦ってトレードした結果、

負けてしまうのです。

 

 

みなさんもこのような経験があると思います。

 

 

そして、勝てていない方や初心者の方など、

いつも自分のルール通りのトレードをできない方が、

実際に負けたトレードで損失を出した後に、

トレードチャンスが訪れたとしても迷ってしまってトレードできなかった。

 

そして、負けたトレードを引きずり、

迷っている間に、

レートは思惑通りに動くのです。

 

そしてまた利益が出るはずだったのに、

トレードしていないために後悔します。

これが「機会損失」です。

 

そして焦ってしまって、

損失を取り返そうとトレードしようとします。

 

もちろんトレードをいくらしようとしても、

トレードチャンスを相場が私たちに与えてくれない限り、

トレードすることが本来はできません。

 

 

しかし、焦って損失を取り返そうとしているあなたは、

トレードチャンスがないにもかかわらず、

トレードしてしまうのです。

 

自分が無理やりトレードする理由をみつけトレードするのです。

 

もちろんそのトレードは、

自分のトレードルールを守っているはずがありませんので、

結末は”損失”です。

 

今度の損失は、

実際トレードしてしまっているので、

本当の損失になります。

 

そして、また焦り、

このようなトレードを繰り返してしまうのです・・・・・・

 

 

 

私のようにw

 

 

取れるはずだった利益が取れていない「機会損失」

 

 

確かに損失かもしれませんが、

実際は、損失ではないのです。

 

実際に損失を出していないのならば、

「損をした」と思っていても損失ではありません。

あなたが勝手に損をしたと思っているだけにすぎません。

 

正直言いますと、

機会損失を気にしていたらきりがないのです。

 

ですから機会損失により、

もしもあなたが精神的なダメージを受けているのならば、

気にしないでいただきたいです。

 

 

切り替えて次に何をしなければならないのかを考えてください。

 

 

このことをよく理解して機会損失を受け入れ、

トレードに励んでいただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

焦らずに自分のペースで行わなければ結果的に遠回りになってしまう

自分の意志だけでルールを守らなければいけない(自己規律)

どのように勝つのか(プロフィットファクター)

自分の得意の勝ちパターンを極める

ルールは守らなくては作った意味がない

テクニカル指標ではなくレートの動きを見てトレードする