結果の悪い知識は切り捨てなければ勝てるようにならない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、さまざまな勉強などでいろいろな知識を身に着けていると思います。

 

そして、その知識をトレードの参考にしているのではないでしょうか?

 

しかし、注意しなければならないのが、

全てのことをトレードの参考にしてはいけません。

 

結果の良いものは取り入れなければいけませんし、

結果の悪いものは切らなければなりません。

 

 

全てのことを踏まえてトレードすることはできませんし、

複雑になってしまいます。

 

よく初心者の方や勝てていない方が勘違いしてしまうのですが、

オシレーターなどをあれもこれもチャートに表示させてトレードしている方がいます。

 

結局信じられるものは、

そんなに多くはありませんし、

いらないものは切らなければなりません。

 

 

そこで何がいらないのかを教えてくれるものがあります。

 

それは「結果」です。

 

FXは何があろうと、相場であり結果を重視しなければなりません。

あなたの感情ではないのです。

 

そして、その結果のでるものは、

私とあなたでは違いますし、

人それぞれ違います。

 

ですから、トレード記録を取らなければなりませんし、

トレード記録が重要なのです。

 

 

たくさんのことを勉強してインプットして、

その後アウトプットするのですが、

その際に結果の良いもの悪いものが必ずでます。

 

いくら自分が気に入っていようと、

愛着があろうと結果がでなければ意味がありませんし、

何のためにトレードしているのかわかりません。

 

 

「結果が悪いものを切る」

確かに残酷かもしれません。

厳しいかもしれません。

 

ですが、FXを遊びで行っていないのならば、

その厳しい現実を受け入れなければなりません。

 

 

 

トレード記録を振り返ってみて、

結果がでていないことは”数字”が教えてくれますし、

そのことを客観的に判断しなければならないのですし、

素直に受け入れなければいけません。

 

 

FXの場合始めはいいと思っていたことが、

「実はよくないことだった」

こんなことは当たり前ですし、

ほとんどの方が当てはまると思います。

 

いきなり正解にたどり着けるはずもありませんので、

間違った選択をしてしまっているのです。

 

 

その間違いを素直に受け入れることができ、

なおかつ結果を重視していらないものは切り捨てなければ、

いつまでたっても正しい方向に進めませんし、

正しい答えにたどり着けないのです。

 

そのことは”勇気”がとても必要になります。

 

 

今まで信じていたものを切り捨てなければならないとしたら、

勇気がなければ切り捨てることはできません。

 

しかし、なかなか今まで信じていたことを「結果」が悪いからと言って、

捨てることのできる方のほうが少ないですし、

やはりこのようなところからも、

FXを行っている9割に人が勝てていない現実なのかもしれません。

 

みなさんもトレードを振り返ってみて、

「なんだかわからないけど結果が出ている」

このようなことがあると思いますし、

もしかしたら気づいていないだけかもしれません。

 

このようなところにヒントが隠されていますし、

答えが眠っているのです。

 

 

もしも結果的に「結果」が出ていることがあるとするのならば、

そのことをぜひ取り入れてみてください。

 

今まで信じていたもので結果が出ていないものを、

「切り捨てる」このようなことはいきなりできないかもしれませんので、

少し忘れてみてください。

少しそのことでトレードすることを休んでみてください。

 

もしも、たまたま結果が出ていたものをトレードに使ってみたら、

劇的に結果つまり数字が変わるかもしれません。

 

数字が明らかに変わっているのならば、

数字以外にあなたを説得するものは他に入りません。

 

数字が絶対ですし、

数字が私たちを納得させてくれるはずです。

 

そうすることができたのならば、

素直に結果が出ないものを切り捨てることができるのではないでしょうか?

 

 

ぜひ新しい発見を積極的に取り入れてみてください。

新しい発見を取り入れることができたのならば、

またそこから新しい発見も見つかりますし、

視野も広がります。

 

今ある固定概念にとらわれないでください。

 

 

新しい発見を前向きに考え、トレードの参考にすることができるのならば、

自分の中の「変化」にも気づけるのではないでしょうか?

 

そして、その「変化」つまりいい意味での「違和感」を、

忘れないでいただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク