指標発表後トレードしてはいけない理由

みなさんはチャートを見ていると、

レートが急激に動くときどのようにトレードしていますか?

 

特に指標発表の結果がいつもと違っていたりすると、

レートは、急激に動きます。

 

レートが急激に動いてから焦ってトレードする方も多いのではないでしょうか?

 

おそらく経済紙表示のトレードは多くの方が負けることのほうが多いです。

なぜだと思いますか?

 

 

完全に「運」だからです。

 

 

指標発表直後のレートの動きなんて誰にもわかりえません。

もしかしたらわかる方もいるのかもしれませんが、

ほとんどいないでしょう。

 

 

では「指標発表直後にどうすればいいのか?」

このように思っている方のために説明します。

 

 

 

それは、トレードしないことですw

 

 

わからないときは、トレードしなくていいのです。

わからないからどうやってわかるようにするのではなく、

わからないのならばトレードしないようにするのです。

 

無駄なトレードはしなくていいですし、

ぼけーっとチャートを見ていればいいのです。

 

なぜならわからないのですからw

 

 

確かに長期的に見れば、

経済指標の発表によってトレードをするかどうか、

トレードをロングかショートかを悩むかもしれませんが、

ほとんどポジションを長く保有しない方は、

そこまで気にする必要は無いのです。

 

 

FXの相場は、経済指標直後でなくても開いています。

わざわざリスクが高く、わからない場面でトレードする必要はありません。

 

わかると言うのならば、トレードすればいいですし、

わからないのならば、トレードしなければいいのです。

 

何も悩む必要はありませんし、

気楽に考えてください。

 

 

経済指標直後って本当に何が起こるかわかりませんし、

何が起こっても不思議ではないのです。

 

そしてその責任は、すべて「あなた」にあることを忘れてはいけません。

 

 ・スプレッドが拡大して予想以上の損失をだした

 ・レートが飛んだ

 ・資産がほとんどなくなった

 ・強制ロスカットになった

 

このようなことになる可能性がありますし、

すべて自己責任なので、泣いて謝ってももう遅いのです。

 

ですから私たちトレーダーは、このようになる可能性をなくさなければいけませんし、

常に危機感を持たなければなりません。

 

 

経済指標直後にトレードすることは、お勧めできませんし、

避けていただきたいです。

 

経済指標直後の値動きは私たちには、どうすることもできません。

しかし、トレードするかしないかは私たちが決められます。

 

唯一私たちトレーダーに与えられた権限であり、

「自由」なのです。

 

トレードすると決めるのもあなたですし、

トレードしないと決めるのもあなたです。

 

そして、すべての責任もあなたにあります。

 

このようなことをすべて踏まえてトレードしていただきたいですし、

経済指標直後にどのような行動をとれば、

一番自分のためになるかをよく考え行動していただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

トレード記録を付けるために気を付けなければいけない事とは

借金をしてトレードしてはダメぜったい

トレード中は自分だけの信念を貫いてください

失敗トレードから学ぶことで成長できる

トレードを客観的に見なければならない

FXで利益を出すことに勝率は関係ない