稼ぎたい気持ちを抑えなければ稼げない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「FXで稼ぎたい」このような気持ちはみなさん同じです。

 

ですが、この稼ぎたい気持ちを抑えなければいけないのです。

   ・毎日FXをやっているのに稼げていない

 ・時給に考えたら割に合わない

 ・早く稼いで仕事を辞めたい

 

このように考えている人も多いのではないでしょうか?

 

 

確かに誰でも稼ぎたいです。

稼がなければFXをやっている意味がありません。

 

しかし、稼げるようになるには時間がかかります。

これはしょうがないことですし、

我慢しなければいけません。

 

確かに「稼ぎたい」このようなことを思うことは悪くはありませんが、

その気持ちをトレード中は抑えなければなりません。

 

この気持ちでFXのモチベーションを保つことは、

良いことなのですが、

相場にこの自分の都合を求めてはいけません。

 

 

とにかく焦ってはいけません。

 

トレード中だけは焦る気持ちを抑えなければいけません。

焦れば焦るだけ周りが見えなくなりますし、

自分を見失ってしまうのです。

 

ですが「焦るな」と言われても焦ってしまうのが、

人間です。

 

   ・焦ってもなにか変わるのでしょうか?

 ・焦ったところで利益が出るのでしょうか?

 

このことをよく考えていただきたいです。

 

 

焦っても何にもならないのです。

しかし、のんびりやりすぎていてもいけませんし、

バランスが非常に重要なのです。

 

 

私自身勝てていないときは、

とても焦っていました。

 

いくらやっても勝てませんし、

負けてばかりいました。

 

「こんなにFXをやっているのに勝てない」

「これでは割に合わない」

 

このように焦っていましたし、

その結果トレードチャンスを待てなかったですし、

どうでもいい場面で無理やりトレードしていました。

 

このような心理状態では勝つことはできなくて当然です。

 

 

そして、私たちがいくら焦ろうとも相場には関係ありません。

 

私たちがいくら利益を望んだとしても、

相場は何もしてくれません。

 

ですから、焦ってはいけませんし、

焦ったところで自分だけが空回りしているだけなのです。

 

 

そのように焦ったときこそ冷静にならなければいけませんし、

自分を客観的にみられるようにしなければいないのです。

 

 

どれだけ頑張ったかなんか相場には関係ありませんし、

その評価を求めてはいけません。

 

1年毎日頑張ったとしても、

相場はあなたに利益をもたらしてくれる訳ではありませんし、

 

そして、1年頑張ったとしても、

稼げないのが当たり前なのです。

 

 

1年間ぐらい利益が出なかったとしても、

諦めることなく頑張れたものがFXで勝てるようになるのです。

 

このくらいの覚悟が必要ですし、

このくらいして当たり前なのです。

 

何も努力していないにもかかわらず、

「稼げない」

このように嘆いている人が多いですし、

正直甘いのではないかと私は感じます。

 

 

焦ったとしても、デメリットしかありませんし、

本当に焦るだけの努力をしたのかを考えていただきたいです。

 

焦ったとしてもどうしようもないことはどうしようもないです。

 

焦ってしまったのならば、少し休憩してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク