相場に完璧を求めてはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんの中にも「完璧主義」このような方はいると思いますが、

FXにおいて「完璧」を求めてはいけないのです。

 

確かに完璧を求める部分もありますが、

全てにおいて完璧を求めるのはいけません。

 

FXの相場はわかりませんし、

無理なものは無理なのです。

 

「トレンドの全てを利益にしたい」

このように思ったとしても無理なのです。

ですから、無理なものは無理だと初めから認識してトレードしていただきたいですし、

いい意味での「諦め」が必要なのです。

 

そして、この「諦め」が結果的にFXではプラスになってくれますし、

利益を生んでくれるのです。

 

 

無理なものを自分の都合で求めたとしても、

無理なものはどんなにあなたが頑張ったとしても無理です。

 

ですから、ここに自分の思っていることと、

実際の相場とのギャップが生じてしまいますし、

そのギャップを埋めることはできません。

 

 

ですから、始めからギャップがあることを前提にトレードするのです。

 

これがいい意味での「諦め」と言うことになります

 

 

相場はわかりませんし、

相場の全てを利益にすることは無理なのです。

 

私も過去に、

「相場の動きを全て利益にしたい」

このような無謀なことを考えていましたし、

実際にトレードしていました。

 

今思うとなんてアホだったんだろうと思います・・・・・・

 

その当時の私は、

チャートが動くたびにトレードしていましたし、

自分のパターンなど存在していませんでした。

 

上昇トレンドになったのならばロングしていましたし、

下降トレンドになってのならばショートしていまし。

レンジならばレンジの中でトレードして、

なおかつレンジのブレイクアウトを狙ってトレードしていました。

 

 

とにかく教科書などに書いてあることの全てを、

実践していましたし、

チャートでそのような動きを見つけたのならば、

全てトレードしていました。

 

その結果はあなたならば、

もうおわかりかと思われます。

 

ほとんど勝てませんでしたし、

むしろちゃんとトレードすらできていませんでした。

 

トレンドが発生しても、

エントリーして、適当に損切りしたり、

利食いの方向に動いたとしても、ビビッて利食いしてしまい、

典型的な利小になっていました。

 

これでは勝てるものも勝てませんし、

根本的な部分ですでに負けていました。

 

トレードする前からもう私は負けていたのです。

 

 

私ほどひどくはないと思いますが、

あなたにも少なからず当てはまることがあるのではないでしょうか?

 

 

トレードチャンスを全て利益にすることは無理ですし、

トレンドの全てを利益にすることも無理です。

 

完璧なんて私たちには求めることもできませんし、

そもそも完璧なんてありえないのです。

 

ですから、完璧を求めてはいけないのです。

 

 

そして、完璧を求めすぎて何もできない方もいます。

 

完璧を求めすぎて、

「勝てるようになってからトレードする」

このような方も実際にいました。

 

とにかく何も行動(トレード)をせずに、

勉強ばかりしていたのです。

 

勉強だけでは勝つことはできませんし、

実際に行動(トレード)してから気づくことって、

とても大切ですし、とても多いのです。

 

「間違えたくない」

このようなことは誰でも同じです。

 

誰でも間違えたくて間違えているのではありません。

 

ですが、この間違えたくないからと言って、

何も行動できなければ、

間違えることすらできませんし、

間違えから学ぶこともできないのです。

 

そのような人が成長することはありませんし、

前に進むことすらできないのです。

 

間違えてもいいのです。

 

とにかく行動してみてください。

 

間違えたのならば、

次はその間違えをしなければいいだけの話なのです。

 

 

損切りしたくないからと言って、

損切りしないようなトレード方法を求めて意味がありません。

 

完璧なトレードを求めても意味がないのです。

 

なぜなら完璧なんて存在しないのですから・・・・・・

 

 

誰でも完璧にできれば、

完璧を求めますし、

完璧にしたいと思う気持ちはあります。

 

ですが、完璧がない以上それを求めても、

意味がありませんし時間の無駄なのです。

 

そんなことよりも私たちにはやるべきこと、

やらなければいけないことがたくさんありますし、

そちらを優先しなければならないのです。

 

 

完璧にできたら誰も苦労しませんし、

多くの人が完璧を求めます。

 

完璧がないことを理解したうえで、

FXをしなければならないのが、

FXの難しいところであり、

勝てるトレーダーと負けるトレーダーが、

生まれてしまう要因なのかもしれません。

 

 

勝てるトレーダーと言うのは、

完璧を求める部分(損切り)は完璧を求めますが、

そのほかの完璧を求めてはいけない部分をよく理解していますし、

いい意味で「諦め」ているのです。

 

そして、完璧がないのならば、

失敗や間違えを恐れずに行動できます。

 

 

ですからすごいのです。

 

ものすごく成長できるのです。

 

ですからみなさんにも、

「無理なものは無理」だと割り切っていただきたいですし、

いい意味で「諦め」ていただきたいです。

 

そして、完璧を求める部分である「損切り」だけは、

完璧にしていただければ、

トレーダーとして成長できるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク