自信過剰になってはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXを行う以上自信をもつことは、とても重要なことです。

 

自身がなくては、

FXを続けていくモチベーションも生まれませんし、

継続して努力できないかもしれません。

 

しかし、その自信がときには、

自分自身の首をしめてしまうこともあるのです。

 

そして、その自信でまわりが見えなくなってしまってもいけないのです。

 

   ・自分は頭がいい

 ・自分は優秀だ

 ・自分は間違っていない

 ・自分は負けない

 

このように過度な自身を持っている方もいます。

 

しかし、どれだけあなたが優れていようと、

相場の世界では関係がありません。

 

 ・頭のいい大学を出ても

 ・資格をたくさん持っていても

 ・IQが高くても

相場には関係がないのです。

学歴も資格もIQも関係ありません。

 

FXは、自分自身と向き合える方が、

すごいのです。

 

 

そのような自信過剰な方は、

まわりが見えません。

 

自分に自信がありすぎるために、

まわりを見ようともしないですし、

まわり意見も聞かないのです。

 

自分が正しいと錯覚しているのです。

しかし、実際に正しいのは相場です。

 

この正しいと思っている部分による違いが、

結局FXでは正しい方向に、

進んでいくことを妨げてしまいますし、

進んでいけないのです。

 

 

人間は、自分が可愛いのです。

可愛いすぎるくらい可愛いのです。

 

もっと違う言い方をしましょう。

 

人間は”自分に都合”がいいのです。

 

自分が正しいと思っていますし、

自分は間違っていないと思う生きものなのです。

 

 

その都合の良さが、

「自らの間違い」に気づこうとすることを妨げるのです。

 

 

もしもその自信過剰なまま勝てているのならば、

そのまま続けていけばいいと思いますし、

もしも勝てていないのであれば、

その自信が間違っていると言うことを学ばなければいけません。

 

自分の愚かさを認めなければいけません。

 

普通の方は、意外と認めることができるのかもしれませんが、

自信過剰な方は、プライドが高く、

そして、自分が正しいと思っているために、

認めることができないのです。

 

なおかつ認めようともしないです。

 

その結果、ずっと自分が正しいと思い込んだまま、

相場から去って行ってしまうのです。

 

本当に優秀な方だとしても、

その人のとらえ方によって全然違ってしまうのです。

 

本当に優秀な方がもしも、

自分の愚かさに気づくことができたのならば、

「すごいトレーダーになっていたかもしれない」

このように考えられますし、

このように考えるとものすごくもったいないです。

 

 

ですから、正しい知識をつけてFXを行っていただきたいのです。

 

 

FXは、結果が出ていないのならば、

必ず原因があります。

 

自信があるのならば、

「トレードを振り返る必要がない」のではなく、

自信があるからこそ、

「トレードを振り返り欠点を見つける」のです。

 

多くの方が、客観的に自分を見られるようになれば、

その自信が愚かだったと気づけるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク