トレード中は自分自身だけを信じなければ勝てない

みなさんは、何を信じてトレードしていますか?

 

テクニカル指標ですか?

他人ですか?

何を信じればいいのかわからないですか?

 

 

答えは「自分」です。

 

自分しかいないのです。

自分を信じることができなければ、

”信念”を貫き通すことはできません。

 

自分以外を信じても何にもなりませんし、

何もできません。

 

考えてみると、トレード中は自分しかいませんよね?

 

 

FXの相場とは、

宇宙のようなものです。

 

右も左もわからないです。

 

そこを自分を信じることによって、

前に進めるのです。

 

自分を信じることができないから、

迷うのです。

どこに向かえばいいのかわからなくなってしまうのです。

 

必死に頑張ってきたのならば、

頑張った自分をもっと信じてあげください。

 

 

誰にだって本当の意味での”自信”なんてありません。

 

自信を持ちたくても持てないのです。

 

ですが、もし自分を信じることができなければ、

トレードで迷ってしまうのです。

相場で迷ってしまいます。

 

 

トレードチャンスが訪れた際に迷っていては、

せっかくのチャンスを逃してしまいます。

逃してからいくら悩んでも遅いですし、

もう時間は戻りはしません。

 

損切りするポイントで迷っていては「損切り」できません。

エントリーする前に損切りするポイントを決めたのならば、

損切りするかどうかを迷う必要はありません。

 

私たちにできることはそのポイントで損切りすることだけです。

 

もう決めたことを直前になって迷っていてはなにもできません。

決めたことを迷う必要はないのです。

 

 

ポジションを保有して、

利食いするポイントにレートが到達したのならば、

利食いするのです。

もう決めてトレードをしてしまっているのですから、

トレード中に迷う必要はないのです。

 

 

迷ってどうするのですか?

 

エントリーしないのですか?

 

損切りしないのですか?

 

利食いしないのですか?

 

 

もうそのことは、あらかじめ決めたことではないのですか?

 

 

今更迷っても仕方がないのですよ。

迷ってトータルで勝てるのですか?

 

違いますよね?

 

 

本当にこのことを理解できているのならば迷わなくなるはずです。

 

 

相場は何もわかりません。

どうすればいいのかもわかりません。

誰もわからないのです。

 

ですから、自分で決めたルールを守るしかありませんし、

迷っても何の解決にならないのです。

 

 

できるかできないかではありません。

 

「やるかやらないかです」

 

迷っていては、

自分の信念を貫き通すことはできませんし、

勝てません。

 

 

何かを成し遂げるには、

「まず何をするかを決める」

 

そしてそのことを、

「自分を信じてやり通す」

 

これしかないのです。

 

 

ですから、みなさんももっと自分を信じてください。

自分を信じて前に進んでください。

 

自分を信じて貫き通すことのできる人は、

とても素敵です。

 

信じたくなくてもFXをしているのは、

あなたです。

そして、あなたは自分自身のためにFXをしているのではないでしょうか?

 

信じて頑張ることができれば、

数ヵ月後に自分に絶対の信頼を持てるようになります。

 

むしろ自分を信じることのできる人間しか、

FXで戦うことは、できないのではないでしょう。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

相場が自分の不利になるように動いている気がしてしまう方へ

失敗トレードから学ぶことで成長できる

急に勝てなくなったときの対処法

どうしてもモチベーションが下がってしまう方へ

トレードルールの作り方とは

エントリー恐怖症の克服方法