自分の損切りレベルを知ることで損切りが上達する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

損切りは、FXでは必ず行わなければなりません。

 

損切りを行わなかったとしても、

一時的ではありますが、トレード手法が相場と一致したときは、

利益が出るかもしれせん。

 

ですが、継続的に利益を出していくには、

損切りは必要になります。

 

 

そして損切りには、

段階、つまりレベルがあります。

 

自分がどのように損切りできているかを知ることによって、

自分の実力がわかります。

 

私も損切りがなかなかできなかったですし、

今のように完璧に損切りが行えるようになるには、

時間がかかりました。

 

自分が損切りをどのように行っているかを知ることによって、

自分を客観的に見ることができれば、

自分の課題などが明確になります。

 

 

では、損切りのレベルがどのようなものかを説明します。

 

 

レベル0

損切りの必要性もわからないし、当然損切りもできない、

そして、ロスカットなどで大きな損失を出してしまう段階。

 

レベル1

損切りの必要性を理解しているが、

まだまだ損切りが遅れることのほうが多いし、

大損やロスカットなどをなんとか避けられる段階。

 

レベル2

損切りに抵抗があるのだが、

損切りの必要性を理解しているので、

無理やりにでも損切りを行っていて、

損切りが形になりつつある段階。

 

レベル3

損切りが完璧ではないができるようになり、

損切りが安定してできるようになる段階。

 

レベル4

損切りが自然にできるようになり、

トレードそのものが、安定してできるようになる段階。

 

レベル5

損切りが完璧にできるようになり、

損切りを無意識にできる段階。

 

 

 

この5段階になります。

 

みなさんはこのどのレベルに自分が当てはまりますか?

 

私は「損切り」の必要性も知りませんでしたし、

「損切り」この言葉も知りませんでした。

ですから、スタートは”レベル0”から始まりました。

 

ですが、今ではレベル5にまで達していますし、

人間時間はかかるかもしれませんが、

努力すれば、損切りレベルを5まで上げれます。

 

 

私は損切りレベルが”0”からのスタートでしたが、

人によっては、損切りレベルが”1”からのスタートの人もいるかもしれません。

 

その人は私よりも恵まれていると思いますし、

正直言ってうらやましい限りです。

 

 

 

そして、どのレベルに関係なく実際に行っている行動は、

”損切り注文を出す”

たったこのことだけです。

 

内容や心境が違うだけで、

行っている行動は、とても簡単なことなのです。

 

マウスを動かしクリックするだけ、

もしくはスマホやモバイルで今はトレードできますので、

”指先を動かす”だけの人もいるかもしれません。

 

 

この行動は誰でもできますし、

誰もできないわけがありません。

 

 

例えばスポーツ選手のように、

   ・100メートルを10秒台

 ・ボールを投げて140キロ出す

 ・ゴルフのドライバーで300ヤード飛ばす

 

このようなことは、

誰でもできないかもしれませんし、

誰でもできるはずがありません。

 

 

しかし、損切りを行うことは誰でもできます。

 

 

そして、損切りレベルを上げることは、

簡単に言ってしまえば、

「気持ちの持ちよう」になります。

 

心の在り方なのです。

 

考え方や気持ちの持ちようならば、

誰でも努力すれば、

できるようになるのです。

 

 

「自分は損切りレベルを5にする」

この覚悟ができてしまえば、

あとは努力するだけです。

 

この覚悟ができないので、

多くの人が途中で諦めたり、

損切りを行わなかったりするだけの話なのです。

 

 

ですからあなたにも、

覚悟を決めていただきたいですし、

その覚悟を決めたのならば、

そのことを忘れずに努力していただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク