一目均衡表とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは1936年に細田悟一さんによって考えられた、

日本発のテクニカル指標になります。

 

ちなみにですけれど、この細野悟一さんのペンネームは一目仙人だったらしいです。

そして、今では一目均衡表は世界中のトレーダーに愛されていますし、

この一目均衡表は「2000人の協力のもと7年の歳月をかけて作られた」と言われています。

 

 

「一目均衡表の考えでは、為替レートの値動きは時間による影響を受けている」

このようなことになります。

 

チャートは、縦軸が為替レート、横軸が時間と表示している2次元的なものです。

理論はとても難しいので使い方を覚えていきましょう。

 

一目均衡表の理論は難しいですが、使い方はわかりやすいので、説明していきます。

一目

一目均衡表は以下の5つの線があります。

 ・転換線

 ・基準線

 ・先行スパン1

 ・先行スパン2

 ・遅行スパン(遅行線)

 

そして、画像を見ていただくとわかるのですが、

この5つの線と雲と呼ばれる帯があるのがわかりますでしょうか?

 

この真ん中で「うじゃうじゃ」なっているのが雲になります。

そして、先行スパン1先行スパン2の線との間にあるのが”雲”になります。

 

 

 

そして見方としてはとても簡単です。

 ・この雲より上にローソク足があれば上昇トレンド

 ・この雲より下にローソク足があれば下降トレンド

このようになります。

 

そして、雲にローソク足が突入した場合は、転換ポイントとなります。

(転換ポイントとは、トレンドが転換しているポイントになります)

雲に突入している間はトレードしないほうがいいでしょう。

 

 

そして、一目均衡表のサインは以下になります。

 ・雲より下からローソク足が上に突き抜けた場合は、上昇のサイン

 ・雲より上からローソク足が下に突き抜けた場合は、下降のサイン

このようになります。

 

そして、この雲の厚さが厚ければ厚いほど抵抗の強さを表しています。

簡単に言いますと「厚い雲ほど突き抜けるのが難しい」

このように考えられます。

 

 

そして青色の線が基準線となり赤色の線が転換線となります。

そしてこの2本の線がクロスするときに重要なサインと言われています。

 

 ・基準線を下から上に転換線がクロスするときが好転

 ・基準線を上から下に転換線がクロスするときが逆転

このようになります。

 

好転は相場が強気になったと言われており、

逆転は相場が弱気になったと言われています。

 

簡単に説明しますと、

ゴールデンクロス、デッドクロスみたいなものになります。

 

 

そして最後に遅行スパンの説明をしています。

 

この遅行スパンはデフォルトの設定のままなら26日前を記録しています。

 

日足チャートでしたら26日前、時間足チャートなら26時間前になります。

 

そしてこの遅行スパンが、

 ・26日前のローソク足を上回る場面では強気

 ・26日前のローソク足を下回る場面では弱気

このように遅行スパンを使えます。

 

ですから一目均衡表は、少し難しい気もしますが、

視覚的にも見やすいため初心者の方にはわかりやすいテクニカル指標になります。

 

上記で説明したとおりに”強気ならロング、弱気ならショート”

このように考えられますし、

それだけで、もう簡単なトレードルールができてしまいます。

 

「まだ使ったことない」という方は相場の流れがわかりやすいので、ぜひ使ってみていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク