意味のある損切り

FXで勝つためには、損切りが必要になります。

損切りは、損失を最小限にするために必要です。

 

損切りをしていれば、

損失を最小限にできるにもかかわらず、

多くの人が損切りをしません。

その結果、大きな損失を出してしまうのです。

 

損切りの重要性についてはこちら

 

そして損切りをちゃんと行っている方は、

とても素晴らしいです。

 

 

損切りをしている方は、どのように損切りをしていますか?

 

 ・ただ単に損切りしている

 ・損切りの額が利益よりも大きい

 ・損切りの注文を移動してしまう

 

このようなことに該当するのならば、

少し損切りに対する考え方や方法を変える必要があります。

 

 

 ただ単に損切りしている方

 

「損切りをしろ」このように言われ、

その重要さを理解し損切りしているが、

どのように損切りすればいいかわからないのではないでしょうか?

 

損切りは、損失を最小限にするために行うのですが、

それ以上に損切りには、重要なことがあります。

 

「勝つために損切りをする」

 

損切りは、勝つために行うのです。

損失を少なくすることができれば、

トータルで利益を出すことにつながります。

 

「上手に負けること」を意識してください。

これを意識して損切りを行っていれば、

数カ月後には、嫌でも損切りが上達しますし、

「トータルで勝つためにどう損切りすればいいのか」

このように自然に考えることができます。

 

そして、損切りするポイントは、

「多くの人が意識しているポイントを抜けたら損切りをする」

このように考えていただければ、

そのうちにいろいろ分かってきます。

 

やはり何よりも経験がとても重要です。

「習うより慣れろ」です。

頑張って損切りを継続してください。

 

 

 損切りの額が利益よりも大きい方

 

 

利益は伸ばせてうまくいくが損切りが小さくすることができない方になります。

強制的に損切りを利益よりも小さくしてみてください。

 

その決められたPips数以下のときにしかポジションを持たないのです。

そうすることができれば、損切りの額を小さくできますし、

「小さくすること」の意味がわかってきます。

 

 

 損切りの注文を移動してしまう方

 

 

これは、メンタル面の問題なのですが、

損切りすることの意味を考えていただきたいです。

 

損切りは、損失を最小限にすると同時に、

勝つために、次のトレードの為に損切りするのです。

損切りしなければ、勝つことはできませんし、

損切りしなければ、あなたの夢や目標を達成できないのです。

 

このことを心の底から理解していただければ、

損切りの注文を移動してしまう「弱い自分」と戦えます。

 

過去の損切りのトレードの中で、

そのまま戻ってきたトレードと戻らず損切りになったトレードを見てください。

戻らず損切りになったトレードのほうが多いのではないでしょうか?

 

このように数字で自分を納得させるのです。

 

人間は、数字に弱いですし、

数字ほど具体的に表してくれるものはありません。

 

ぜひ過去のトレードを振り返ってみてください。

 

 

 

そして、最後に「意味のある損切りをしてください」

意味のある損切りができれば、

その損切りつまり負けトレードは、負けではないのです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

勝てるトレーダーは勝ち方がうまいのではなく負け方がうまい

たった1回のトレードで資金を失わないために

自分の損切りレベルを知ることで損切りが上達する

損切りは間違えでもミスでもない

損切りの額を小さくするには

損切りをできない方が損切りをする方法