IFO注文とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、取引画面で”IFO”この文字を見かけかと思われます。

「IFO(アイエフオー)注文とはい一体何なのか?」

 

このように疑問に思う方のためにも、

今回は、IFO注文について説明します。

 

一言で言いますと「最強の注文方法」です。

 

IFOとは、IFOOCO注文が合体したものになります。

 

IFO注文さえ覚えてしまえば、

特に昼間お仕事をされている方や

寝る前などレートを見ていられない状況などで、

IFO注文を出してしまえばもう新規注文から利益確定と損切りができてしまいます。

 

もうこれで安心して昼間の仕事に集中できますし、

夜に心配で、寝付けなかったのが安心して眠りにつけます。

 

 

 

私はIFO注文を知ったときは、とても”衝撃的”でしたし、

全てができてしまいますので、

今では、とてもよく使います。

 

今ではOCO注文とIFO注文は、かなり重宝しています。

成行注文は、使いますが、

正直IFD注文は、ほとんど使っていません。

 

 

みなさんにもこの素晴らしい注文方法を覚えてもらいたいので説明します。

 

ロングで例えていきます。

IFO

現在、○の100円のところです。

 

今日ずっとチャートを見続けて、せっかくのチャンスなのですが、

明日の仕事もありますし、これから寝なければいけません。

 

そんなときのIFO注文です。

 

そして□の99円で買いたいので、そこに指値の設定をします。

その次に、利益確定の100円と損切りの99.5円に設定します。

 

あとは、相場にまかせます。

 

放置することによって、いらない感情が入ってしまうこともなく、

損切りと利益確定が楽にできてしまいます。

 

ですから、IFOを信じて放置してください。

 

IFDやOCO注文ですと、

正直言ってポジションを持ったときに、

損切りの注文を入れなければいけませんでしたので、

完璧に安心することはできませんでした。

 

そして、新規注文も自動でやってくれるために、変に飛びついたりすることもありません。

 

ですから、自分の決めたポイントに設定して安心して放置できます。

 

そして、すべての注文に”期限”が設定できるので、

そこの設定をし忘れることのないようにしていただきたいです。

 

注文はできたけれども損切りと利益確定の注文は、

「今日中になっていて翌日注文が取り消されて、損切りができなかった」

このようなトラブルがないように、

必ず確認していただきたいです。

 

 

そして、昔にこのミスをしたのがこの私です。

 

注文が取り消されていたのを知らずに、

余計な損失を出してしまいました。

 

ですから、みなさんもくれぐれもこのようなミスをしないようにしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク