FXで使う移動平均線(MA)とはどのようなものなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXを始めている方は「移動平均線」この言葉を聞いたことがあるかと思います。

しかし、これから始める方で聞いたことがない方は、

とても素晴らしいテク二カル指標なので、

ぜひ覚えていただきたいです。

 

「移動平均線」とは私にとってFXで欠かせないテクニカルです。

使っていない人もいると思いますが、ほとんどのトレーダーが使用しているテクニカルになります。

そしてシンプルなのですが、1番わかりやすく1番頼りになるテクニカルです。

 

移動平均線とは一体何か簡単に説明しますと、

移動する価格の平均の線になります。

 

詳しく説明します。

移動平均線とは自分が設定した一定期間のレートの平均値を計算し、

チャート上に表示してくれる線です。

 

短く設定すれば価格の変動に激しく反応しますし、

長く設定すれば価格の変動にゆるやかに反応します。

 

移動平均線で今トレンドが、

 ・今発生しているのか

 ・今は上昇トレンドなのか

・下降トレンドなのか

 

を判断するにも、

とてもわかりやすいテクニカルです。

 

まず大まかな使い方としては

長期の移動平均線より上ならば上昇トレンドと判断したり、

長期の移動平均線より下ならば下降トレンドと判断したりします。

 

使い方は人それぞれなので、好きな移動平均線を使っていただきたいですし、

好きな期間に設定して、好きな時間足で見ていただきたいです。

 

 

ですが、それではわかりにくいと思いますので、

一般的な移動平均線の期間を教えていきます。

 

100、75.50.35.20.12.9.5

などになります。

 

別にこれだけしか使っていけないというわけではありませんので、

まずは、いろいろ試してみることをおすすめします。

 

ですが、お試しなのでデモトレードで試していただきたいです。

なぜなら、お試しでリアルマネーを使うのは”危険”だからです。

 

そのお金は、自分が成長したときのために取っておいてください。

 

 

ほかにも移動平均線はさまざまな使い方があります。

 ・エントリー

 ・利益確定

 ・損切り

すべてにおいて移動平均線は使えます。

ですので、ぜひ覚えてください。

 

 

覚えてしまえば移動平均線はあなたにとってとても頼もしい存在になります。

 

 

そして移動平均線は、時間足ごとに動きが違いますし、

設定した数値によっても動き方が違います。

 

ですから、複数の移動平均線を表示させることをおすすめしますし、

複数の時間足でその移動平均線を確認することをおすすめします。

 

決して視野を狭くしないで見てください。

相場の流れを意識してチャートを見てほしいです。

 

そうすれば1つの時間足や移動平均線でしか見られなかったものが、

複数の時間足、複数の移動平均線を見ることによって、

新しい発見新しい発想が生まれてきます。

 

ですから、移動平均線に限らず広い視野を持ってチャートを見ていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク