投資本を読むことでトレーダーとして成長する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは”本”を読んでいますか?

 

私はFXの本をたくさん読んできました。

そして、その本から学ぶことは、

たくさんありました。

 

本を読まなければ、

今の私は存在していないといっても過言ではありません。

本を読んでよかったと心の底から思っています。

 

そのくらいFXで本と言うのは、

重要だと私は認識しています。

 

 

FXならば、

数々の”投資本”が販売されていますが、

みなさんはそのような本があることを認識していますでしょうか?

 

とても勉強になりますので、

ぜひ読んでいただきたいです。

 

私の投資本ランキングはこちら

 

 

「本を読め」

このように急に言われても読むようには、

なりませんよね?

 

ですから、私が本を読んだことによって、

どのような心境の変化があったのかを説明することによって

みなさんにも「本を読みたい」

このように思えていただけたら光栄です。

 

 

 

では、はじまり、はじまり~

 

 

タイトル

私が本を読んでどのような変化があったのか

 

作者 よしピエロ

 

 

 

私は昔から本を読むことが苦手で仕方がありませんでした。

小学校や中学校で本を読む時間がありましたが、

年間1冊の本を読むことが限界でした。

 

高校時代に関して言えば、

3年間で1冊も本を読まなかったのです。

 

しかし、漫画はとても好きでしたし、

ワンピースにナルト、

ジョジョの奇妙な冒険、スラムダンク、

ドラゴンボール、鋼の錬金術師、

 

このような漫画は購入してまでも読んでいました。

 

 

しかし私は、漫画は読むことができましたが、

なぜか本は読めませんでしたし、本に対する偏見を持っていました。

学生時代に、本を読むことに”苦手意識”を持っていたのです。

 

 

ですからFXを始めたときも、

いろいろな媒体から投資本を勧められましたが、

当然本を読むはずもありませんでしたし、

「本を読む」このような選択肢がそもそも私にはありませんでした。

 

 

そんな私が今では本が好きなのですから、

人生何が起こるかわかりませんしとても面白いです。

 

 

ですが、私が本を読まなかった最大の要因は、

「本がつまらない」

このことでした。

 

学生時代に無理やり本を読まされた私は、

本の面白さもわかりませんでしたし、

本を読む理由もわかりませんでした。

 

 

ですが、漫画は好きでしたし、

何よりも読んでいて、

「面白かった」のです。

 

 

そして私は、FXを始めてからしばらくして、

口座開設キャンペーンを行っていたので、

そのキャンペーンを利用することにしたのです。

 

そのキャンペーンでは、

「口座開設と1万通貨取引でゾーンをプレゼント」

このようなものでした。

 

ゾーンはさまざまなサイトやブログで、

紹介されていましたし、

興味を持っていました。

 

しかし、購入するまで至りませんでしたし、

「キャンペーンで貰えるなら貰おう」

このように思ったのです。

 

 

そして、せっかくだからその本を読んでみることにしたのです。

 

 

私は、この本に出会ってから本が好きになりましたし、

本を読む大切さ、本を読む重要さを理解しました。

 

ゾーンは何度も読みましたし、

私にとって始まりの本であり、思い出深い本になります。

 

 

そして、何よりも私が驚いたのが、

「ゾーンが面白かった」のです。

 

私がFXを行っていると言う理由もあるかもしれませんが、

とても面白く、時間を忘れるほどにゾーンに夢中になっていました。

 

今まで本がつまらないと思っていたのですが、

いざ読んでみたらとても面白かったのです。

 

 

そして、ゾーンに書いてあることは、

その当時の私には、

とても衝撃的だったのを覚えています。

 

 

そして、このような本と言う存在を、

今まで避けてきた自分に後悔していました。

 

そこから本を積極的に読むようにしましたし、

本が好きになりました。

 

 

結局私が本を読まなかったことは、

ただ単に偏見を持っていただけでしたし、

実際読んでみてみれば、

勉強になると同時に面白いものです。

 

 

FXの本は、全部が全部勉強になるわけではありませんし、

面白いわけではありません。

 

ですが、中にはとても優良な本も存在します。

 

ですからみなさんの中で本を読まない方がいるのであれば、

とてももったいないですのでぜひ読んでいただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク