ヘッドアンドショルダーとは

FXでは、トレンド転換のときに同じパターンでトレンドが転換する場合があります。

パターンを理解していれば、そのパターンになったときに、

理解しているのと理解していないのでは、

その後の対処が断然変わってきます。

 

 

FXは人間が動かしているためその心理がそのように人間を動かします。

人間を動かすという事つまりレートを動かします。

 

そして同じパターンが発生すると多くのトレーダーが

そのパターンでトレードするので、

このような同じパターンが発生する確率が多くなります。

 

 

ヘッドアンドショルダーというは、

ダブルトップ・ダブルボトムと同じように、

こちらもトレンドが転換するときによく発生するパターンになります。

また三樽とも呼ばれています。

今回はヘッドアンドショルダーについて説明していきます。

 

ダブルトップ・ダブルボトムについてはこちら 

 

まずヘッドアンドショルダーと言われても、

「あたまと肩?」

このように思う方もいらっしゃるかと思いますが、

実際その通りあたまと肩ですw

 

 

1つの頭に2つの肩がある形になります。

画像をご覧ください。

ヘッドアンドショルダー

こちらがヘッドアンドショルダーになります。

 

 

あたまと肩の意味がわかりましたでしょうかw

 

 

「なぜこのような形になるか」と言いますと、

これも人間の心理がこのような形にさせるのです。

 

 

まず、最初の肩を形成します。

その後その肩の高値を更新します。

そしてヘッドの部分を形成します。

 

その時点ではまだまだ上昇トレンドかと思われるのですが、

一つ目の谷の部分の安値またはそれ以上に下落します。

 

そうすると反発して2つ目の谷を形成するのですが、

レートがヘッドの部分の高値を更新せずに下落します。

 

そして2つの谷の部分の安値を結んでネックラインと呼ばれるサポートラインみたいなものがありますが、

そのネックラインをレートが割ります。

そうすると、上昇トレンドの転換のサインとなり下降トレンドに変わります。

 

 

 

簡単に説明しますと、一度は高値を更新したのですが、

再び上昇してトップの部分にすら届きもしないので、

上昇は難しいと考えます。

そしてネックラインを割ったので売るトレーダーが増えるというわけです。

 

 

 

そしてあたりまえですが、逆のパターンもあります。

 

上昇トレンドから下降トレンドに変わるのが、

「三樽またはヘッドアンドショルダー・トップ」といいます。

下降トレンドから上昇トレンドに変わるのが、

「逆三樽またはヘッドアンドショルダー・ボトム」といいます。

 

 

ヘッドアンドショルダー・ボトムの場合も考え方は同じになります。

簡単に説明しますと、一度は安値を更新したのですが、

再び下降してトップの部分にすら届きもしないので、

下降は難しいと考えます。

そうしてネックラインを割ったので買うトレーダーが増えるというわけです。

 

 

 

そしてこのヘッドアンドショルダー・トップまたはボトムが、

形成された時の利益の目安は、

ネックラインからトップの高値または安値までの幅が、利益の目安になります。

 

その幅までは、上昇または下降すると考えます。

 

 

このパターンは相場によく現れますので、

ぜひ覚えてくださいね。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

00や000の付くレートは意識されやすいポイント

FXのMACDとは:ダイバージェンスを使った有効な使い方

レートの異常を見極める移動平均線乖離率のわかりやすい解説

トレール注文の有効な使い方

さまざまな重要なチャートパターン

トレンドラインとは