確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

確率から期待値を考え、損をしない思考を身に着ける

 

確率を学ぶうえで「期待値」と言う言葉が存在します。この期待値とは確率においての確率の重みを平均を表した値になります。

 

この期待値と言う言葉は、ギャンブルを行っているとよく聞く言葉になりますが、ギャンブルを行う際に、賭けたお金に対して戻ってくるお金を予想したり計算したりできるのですが、その予想される金額つまり、戻ってくる「見込み」の金額の平均値を表したものが期待値になります。

 

そして、この期待値を求めることができれば、損をするのか損をしないのかと言うことを見抜くことができます。

 

 期待値の求め方
例えば、私とあなたがじゃんけんを行いゲームをするとします。あなたが私に勝てば1000円をあなたにプレゼントしますが、このゲームには参加料が存在し1ゲームを行うのに対して600円の料金が発生します。

 

私があなたに勝った場合はその参加料をいただくと言うルールになりますが、「あなたはこのゲームをしますか」と言う話になります。

一見、600円がじゃんけんで勝てば1000円になるのですから、得をするように感じてしまいますが、実際はそうではないのです。このような場面で期待値を求めることによってそのゲームが得なのか損をするのかを見極めることができます。

 

期待値とは、賭けた金額に対して戻ってくる「見込み」の金額の平均になりますので、このゲームを10回行ったらどうなるのかと言うことを考えてみます。

 

10回行うと6000円の参加料が発生します。そして、じゃんけんの勝敗は勝ち負けの2択になりますので、50%と考えることができます。

 

10回じゃんけんを行えば、5回勝ち5回負けると言うことになりますから、10回このゲームでじゃんけんを行ったのならば5000円戻ってくると言うことが考えられます。

 

ですから、1回の参加料が600円に対して、じゃんけんの1回における期待値が500円になりますので、1回このゲームを行えば100円損をすると言うことになりますから、このゲームをしないほうがいいと言うことがわかります。

もし、この際に参加料が500円ならば、長期的に考えればプラスマイナスゼロと言うことになります。ですが、このゲームの参加料が400円ならばぜひ1回行えば100円得をすると言うことになりますので、積極的にこのゲームをしたほうがいいと言うこともわかります。

このように1回1回の勝負では確かに運かもしれませんが、長期的に考えれば確率は収束しますので、得をするのか損をするのかと言うことを見抜くことができます。

 

確かに、1回の勝負だけでは完全に運になってしまうためにいくら参加料が400円だとしても利益を確実に出すことは難しいでしょう。

 

ですから、確率は、長期的に考えて収束させることを前提に考える必要があります。このようなじゃんけんにおけるゲームをするにしても、何回も行うことを前提にして確率を収束させていき、長期的に得をすると言う思考が重要になるのです。

 

多くのギャンブルがこのような思考を利用していますので、プレイヤーは勝負をすればするほど損をしてしまうのです。

 

 期待値を学べば損をするのか得をするのかがわかる
期待値と言う言葉は、ギャンブルを行わなければ縁がないように思えますが、実際にこのようなお金を少し賭けるゲームにおいても重要なことなのです。今回説明したことを知っている人と知らない人では長期的に考えればものすごい差になってしまうのです。

 

ですから、ギャンブルを行えば行う程損をすると言う思考を身に着けていただければ無駄なお金を使わなくて済みます。多くのギャンブルを行っている方がこのような事実を知りませんし、知っているようでその本質を受け入れることができないために長期的損をしてしまっているのです。

 

ギャンブルは楽しいかもしれません。しかし、長期的に損をしてしまうと言うことを認識しなければあなたの大切なものを失ってしまうかもしれないのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ