確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

ギャンブルではどんなに頑張っても生活は出来ない事を理解する

 

日本は、世界の中でみてもギャンブル大国です。ギャンブルを行っている人の中でも本気でパチンコや競馬、または競輪などを行っている人もいると思います。ですが、ギャンブルをいくら頑張ってもギャンブルだけで生活することはできませんので、はっきり言って時間の無駄なのです

 

ギャンブルを楽しんで時間もお金も失いたいというのであれば構いませんが、そのような事を思っている人は少ないと思います。できれば勝ちたいと思うことはごく自然なことかもしれません。

 

ですが、どんなに頑張ってもギャンブルだけでは生活は出来ませんので、どうせ努力するのであれば、何か自分のためになるようなことや自分の将来を見据えたことで努力したほうがいいことは、誰が考えても明確です。

 

事実、パチンコなどのギャンブルではほとんどの人が勝てていませんし、勝てたとしても数十万円です。パチプロと呼ばれる人などが存在するのかどうかはわかりませんが、勝っている割合というのは1割以下ですし、ほとんどの人は負けているのです。

 

また、パチンコ以外のギャンブルに関して言えば決定的な生活することのできない要因があります。

 

 税金面での矛盾
それは、損失分つまり負けた際の金額が必要経費として認められないのです。この「必要経費」として認められないと言うことがポイントになるのですが、少し専門的な話になってしまいますので難しくなってしまいますが、わかりやすく解説します。

 

必要経費として認められないと言うことは、例えば競馬や競艇などでは負けた金額よりも買った際の金額が大きければトータルで利益が出ます。

 

しかし全勝できればいいのですが、上記のように負けた金額が存在してしまいますと日本の法律上、負けた金額が考慮されないのです。

 

実際に世の中で起業しますと、売り上げから必要経費を引いた金額が利益になり、その利益が課税の対象になります。売り上げが100万円で経費が80万円ならば100?80=20万円になり、20万円の利益になります。ですから、通常であればこの20万円になり課税されます。

 

しかし、競馬や競輪などでは勝ち馬券が100万円で負け馬券が80万円の場合は、上記と同じく100?80=20万円の利益になりますが、80万円が必要経費として認められませんので、勝ち馬券の100万円が課税の対象になります。

 

実際の利益は20万円のなのにも関わらず、100万円に課税された税金を支払わなければいけないために、利益の殆どが税金を支払うためになくなってしまうのです。

 

最悪の場合は、利益以上に税金を徴収されることもあります。現にこの事は、過去に裁判になりましたが、最高裁にて税金を支払わなければいけないと言う判決が下りました。 負け馬券文が必要経費として認められないということになります。

 

この事からも競馬や競輪、競艇などでは全勝しない限り税金的なことからそれだけでは生活は出来ないということがわかります。ただでさえ利益を出すことが難しいギャンブルですが、せっかく利益を出したとしてもこのような結末が待っているのです。

 

 どうせなら夢のあることに時間を使ったほうがいい
そのような部分を考慮しますとFXや株などでは、負け分が競馬などのギャンブルとは違い、損失を必要経費として認めてくれるのです。そのようなことを含めてもFXや株の方がオススメですし、夢があります。

 

ギャンブルではそこまでの利益を出すことは難しいですが、FXや株では、サラリーマンの平均年収の数倍の利益を出すことは、十分に可能です。

 

どうせ頑張るのであれば、ギャンブルではなくそのような投資にエネルギーを使ったほうがマシですし、意味があります。はっきり言いましてギャンブルは、いくら頑張っても損しかしないのです。そして、お金よりも大切な時間を失ってしまいます。

 

時間はドラえもんでない限り戻すことはできません。今という一瞬は今しか存在しませんしもう二度と訪れることはありません。

 

その時間の価値を改めて考えていただきたいですし、噛み締めていただきたいのです。私はFXを教えることもしていますので、このサイトをみてもし、興味があるのであればあなたの夢のためにも力になりますので、気軽に連絡してきてください。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ