確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

サンク・コスト効果:もうすでに使っているお金は勿体なくない

 

よくもうすでに使っているお金がもったいなくて更にお金を使ってしまうことがあると思います。果たしてそのもうすでに使っているお金は本当にもったいないお金なのでしょうか。それともそのことをきっぱり諦めて素直に負けを認めるほうがいいのでしょうか。

 

このことを説明するために経済学のに「サンク・コスト効果」と言うものが存在します。また、埋没費用(まいぼつひよう)ともコンコルド効果とも呼ばれます。

 

このサンク・コスト効果を簡単に言ってしまえば、もう戻ってこないお金はもう戻ってこないからそのことを忘れて、次に切り替えるほうが合理的と言う考え方になります。

 

 つまらない映画を見続けるべきか
例えば、映画で1800円のチケットを購入して映画を見たとします。しかし、映画を見始めて10分後に映画があまりにもつまらないことが判明した場合。

 

映画を見続けるほうがいいのか、それとも面白くないからと割り切り、残りの時間を有効に使うべきかと言うことになり、どちらが果たして正しい判断なのかと言うことになります。

 

この際の選択としては次の2択になります。

 

 ・映画を見続けた場合:チケット代1800円と上映時間の2時間を失う。

 

 ・映画を見るのを途中で止めた場合:チケット代1800円と退出までの上映時間の10分間は失うが、残った時間の1時間50分を有効に使うことができる。

 

この場合、チケット代1800円とつまらないと感じるまでの10分が埋没費用に当てはまります。この埋没費用は、上記のどちらの選択肢を選んだとしても回収できない費用でになります。

 

時間を浪費してまでつまらないと感じる映画を見続けることは、経済学的に合理的な選択ではないと考えるのが経済学的には正解な判断になります。

 

このようなことからも途中で退出して残りの時間を有効に使うことが経済学的に合理的な選択です。しかし、多くの人は「払った1800円がもったいない。元を取らなければ」などと考え、つまらない映画を見続けることによって時間を浪費してしまいがちなのです。

 

 チケットを紛失した場合
また、このサンク・コスト効果の問題を少し別の視点から考えることができます。ある映画のチケットを1800円で購入し、このチケットを紛失してしまった場合に、再度チケットを購入してでも映画を見るべきか、見ないほうがいいのかと言う問題では、どちらがサンク・コスト効果的に得なのかと言う問題になります。

 

チケットを購入したということは、その映画を見ることに少なくとも代金1800円と同等以上の価値があると感じていたからのはずです。

 

一方、紛失してしまったチケットの代金は前述の埋没費用に当たるものだから、2度目の選択においてはこれを判断材料に入れないことが合理的です。

 

再度1800円のチケットを購入してでも、1800円以上の価値がある映画を見るのが経済学的には合理的な選択となります。しかし、ここで勘違いしないでいただきたいのですが、多くの人は「その映画に3600円分の価値があるか」という基準で考えてしまうことは間違った解釈になります。

 

この2つの例えで、重要なポイントはもうすでに使ってしまったお金は取り返せないから諦めて次に切り替えると言う点になります。もう取り戻せないのであれば、私たちにできることはそのお金をもったいないと思うことと次に切り替えることです。

 

 いい意味で諦めて切り替える思考
このどちらも使っているお金は同じですし、戻ってくるお金は存在しません。ならば、私たちにできることは次に切り替えることしかありませんし、もったいないと言う思考で元を取ろうとしてはいけないのです。

 

上記の映画の場合では2時間見ても10分見ても最終的な感想は「つまらない」と言う感想だけです。

 

 ・1800円の映画で10分見てつまらないと思う
 
 ・1800円の映画で2時間見てつまらないと思う

 

この2つを比べればどちらが損なのかは映画を2時間見た場合です。ですから、時間を無駄にしないためにも次に切り替える必要があるのです。私たちにできることはそのことを踏まえたうえで次にどうするかです。むしろ、そのことしかできないのです。

 

どうしようもないことはどうしようもないのですから、どうしようもないことをどうこうしようとしても時間の無駄です。なぜなら、そのことはどうにもならないことなのですから。

 

また、言い方を変えれば考えても無駄なのです。考えてもどうにもならないことを考えても無駄でしかないのならば、いい意味で諦めて次に進むしかありません。

 

そのもったいないと思わず、合理的に次に自分がどうしたらいいのかと言うこと決断することが必要になります。その勇気ある決断をできる人だけが最終的には損をせずに得をするのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ