確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

ギャンブルで自身過剰になり根拠のないカンを信じてはいけない

 

ギャンブルを行う人がよく使う言い訳の中に、「嫌な予感がした」と言うものがあります。ですが、嫌な予感がするのであれば、最初からその予感を信じればよかったのではないでしょうか。

 

競馬やパチンコや競輪、競艇、オートレース、さまざまなギャンブルが存在しますが、すべてのギャンブルでこの嫌な予感がすると言う言い訳は使うことができます。

 

ギャンブラーのほとんどが、このような根拠のない自信や確信を無駄に持っています。自分は他の人よりもすごいと思っているのです。他にも、「俺はカンが鋭いからギャンブルで勝てる」「自分は何か持っている」などと安易に考えてしまいがちです。

 

なぜ、そのように思ってしまうのかは私にはわかりませんが、考えられる要素としてはギャンブルで自分が負けているいい訳であったり、ギャンブルを行っている自分を正当化させようとしているのではないでしょうか。

 

ですから、ギャンブルでは勝てないと言うことを心のどこかでは理解していのにもかかわらず、そのことを信じたくないのです。また、ギャンブルは確率的に勝てないと言うことが、自分には当てはまらないと思っているのです。

 

 誰でもたまには大勝できる
ギャンブルを行っていれば、たまには大勝することもあります。しかし、たまたま勝っただけなのにギャンブラーは、そのことが自分の実力だと思い込んでいます。

 

そして、そのことを周りに自慢します。その大勝の記憶だけが強く残り、負けたときの記憶はほとんど残らないのです。こうして、ギャンブラーの頭の中は自分が勝った記憶だけが残り、自分がすごいだけの記憶で頭がいっぱいになるのです。

 

このようなことをギャンブルの回数を重ねることによって、自分に何の根拠もない絶対の自信を持っているのです。

 

そうなってしまえば、自分はすごいと勘違いをしているギャンブラーの完成です。その結末は、誰でも想像がつくかもしれませんが、典型的なギャンブル中毒者です。

 

確かに、大勝しているときは気分もいいかもしれませんし、ギャンブルを行っている他の誰よりも勝っているかもしません。ですが、それはたまたまなのです。その部分だけはギャンブルを行う上で勘違いしてはいけないのです。

 

自信を持つのはいいですが、ギャンブルにおいて過度な自信を持つことは逆に判断基準を狂わせたり、客観的な判断をできなくしてしまいます。

 

 根拠のない自信を持ってはいけない
ギャンブルを行っている以上、あなたはどんなにカンであり、ギャンブルの分析が優れていたとしても、結果はどれも変わりません。結局、負けているのです。ギャンブルを行う以上、その時点で負けているのです。

 

そのことを理解していない以上、ギャンブルで負け続けるでしょう。ですから、まずは認める必要があります。自分はギャンブルで勝てないと言うことを素直に認めるしかないのです。

 

そうしなければ、いつまでたってもギャンブルを止めることもできませんし、ギャンブルで損をし続け、最終的には大切なものを失うかもしれないのです。

 

あなたがどんなに必死になり、ギャンブルの研究であり分析をして、そのことを信じギャンブルに臨んだとしても結局は負けます。結局は負けるのですから、その時点でギャンブルを行っていない人とは雲泥の差なのです。

 

ギャンブルですぐに自分のことを勘違いしてしまう人は、もっと謙虚にならなければいけませんし、もっと冷静になって物事を考えていただきたいです。

 

そうすれば、自分の愚かさに気づくことができますし、その愚かさに気づけたと言うことはそれだけでもすごいことです。そのことだけでも十分な成長ですし、昨日の自分よりも進化しているのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ