確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

スポーツを行う上で便利な確率思考の考え方

 

スポーツの世界でも確率を使うことがあります。例えば、野球の打率やチームの勝率。サッカーで言えば、ボールの支配率などさまざまなことを確率で表しています。

 

そして、その確率を求めることによって、私たちの指標(目安)になるのです。

 

確率が良ければ、いい選手。確率が悪ければ悪い選手などと私たちは、自然に判断してしまいます。

 

しかし、確率を考慮したとしても次にどうなるのかはわかりません。いくら確率のいい選手だとしても次にその選手が活躍してくれるかは、わからないのです。また、勝率が高いチームが次に必ず勝つかどうかもわかりません。

 

スポーツにおいて、確率は目安になりますが、絶対に次にどうなるのかはわからないのです。

 

 

例えば、野球選手で打率が、
 
 ・4割の選手
 
 ・1割の選手

 

がいるとします。

 

 

野球で打率4割となるととてもすごい一流の選手です。例えるのならば、世界のイチロー選手などがこの一流選手に当てはまります。

 

ですが、野球の世界では、世界的に有名で一流の選手でも打率を4割以上にすることは難しいのです。逆を考えれば、一流の選手でも半分以上はアウトになってしまうのです。

 

そして、打率4割のイチロー選手が次の打席で必ずヒットを打つかどうかはわかりません。世界のイチロー選手でも三振になるかもしれません。そして、打率1割の選手が必ず次の打席にアウトになるかと言えば、それはそれでわからないのです

 数字がいいほうが打つ確率は高い
確率を極めたところで次にどうなるのかは、神様しかわかりません。しかし、4割の選手か1割の選手かどちらが活躍してくれるかは、数字がいいほうが活躍してくれる可能性は高いです。

 

ですから、監督の立場からしてみれば、確率のいいほうを起用せざる負えないのです。確かに次の打席だけにこだわれば、打率4割の選手、打率1割の選手このどちらがヒットを打つかはわかりません。もしかしたら、打率1割の選手がヒットを打つかもしれません。

 

しかし、1年間の試合の中で打率4割の選手と打率1割の選手のどちらが結果を残してくれるのかを考えたときには、打率4割の選手のほうが活躍してくれます。
 
ここの部分が、わからない未来を確率的思考で考えたときに、唯一私たちにできる最善の手段なのかもしれません。

 

 必ずそうなるとは限らない
スポーツの場合は、必ず打率の高い選手が1年を通じて結果を出してくれる保証はありません。毎試合毎試合の成績の積み重ねが打率と言う指標になっているのですから、今後未来もそのような打率通りの成績を残してくれるかはわかりません。

 

怪我などで十分なパフォーマンスを発揮できない場合もありますし、年齢的なことでパフォーマンスが落ちてしまうかも知れません。また、去年は打率が1割の新人が今年は、成長して打率が3割になるかもしれません。

 

このような部分がスポーツの面白さであり、難しさなのかもしれません。ですから、確率を完璧に理解した方が監督をやるよりも野球を理解した方が監督をやったほうがいいと言うことは、明白です。

 

しかし、だからと言って確率を無視することはできません。ですから、確率を理解した上で野球を理解した方が監督を行うことが一番成果を発揮するのではないでしょうか。

 

 サイコロの場合
野球で例えましたが、野球ではわからない方もいらっしゃると思いますので、誰にでもわかりやすくするためにサイコロで例えてみます。

 

あなたがもしも、お金を賭けるとしたのならばどちらに賭けるでしょうか?

 

 ・サイコロの目が1が出たら勝つ
 
 ・サイコロの目が1以外が出たら勝つ

 

(この際、勝った場合の戻ってくる金額は同じとする)

 

上記の場合ならば、多くの方が後者を選びます。なぜなら、確率が高いからです。しかし、このような場合でも次に必ずどうなるのかは誰にもわかりません。

 

多くのギャンブルでは、前者のほうが勝った場合大きな金額が戻ってくるから前者に賭ける方もいるかもしれません。そして、前者の場合が勝った場合の金額が大きくなければ、ギャンブルは成り立ちません。

 

しかし、今回の場合は、勝った場合、つまり、当てた場合の金額が同じです。この場合では、ほとんどの方が後者に賭けるのです。

なぜなら、確率がいいからです。確率がいいと言うことは、可能性が高いと言うことになります。

 

次の勝負だけは、どうなるのかはわかりません。しかし、確率が高いほう、可能性が高いほうにベットし続けることは、当たり前であり、必然なのです。

 

確かに、短期的な勝負では、結果はどちらになるかわかりません。しかし、長期的に考えたときは、確率がいいほうに賭け続けることがとても重要になりますし、長期的に考え、確率がいいほうに賭け続けることで、初めて確率を理解できますし、確率の穏健(おんけん)を受けることができるのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ