確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

カレー大国日本の食卓にカレーが出る意外な割合と理由

 

日本人ならば誰でも一度は食べたことのあるカレーですが、その消費量はインドに続いて世界2位です。世界トップクラスのカレー消費量を誇る日本ですが、一体どのくらいの割合で私たち日本人はカレーを食べているのでしょうか。

 

カレーを食べる量を調査したところ「月に2?3回」と答える割合が1番多く、39.7%になります。その次に「月に1回」と答える人が30.6%になります。約8割近くの人が月に1度はカレーを食べているのです。

 

学校の給食でもカレーは出てきましたし、日本人がカレーに抱くイメージというのはかなり短な存在であり、カレーに対する親密感も日本食のそれと変わらないものがあります。

 

現に、カレーのことを日本食だと思っている人の割合は22.7%にもなります。5人に1人がカレーのことを日本食だと思っているのです。

 

この理由に、カレーはお米との相性がいいことが考えられます。お米と言えば、昔から日本人の主食になります。その主食のお米との相性がいいために、カレー消費量の高い賢上位10県のうち9県もが日本海側にあります。

 

 カレーは主食のお米との相性がいい
特に、新潟県に関してはカレー消費量4位になりますが、カレーのルウの購入額では1位になります。カレーと言っても、必ずしもカレーライスだけではありません。

 

カレーうどんにカレーラーメンやカレー味のお菓子などカレーのルウを使ったものは数多く存在します。このことからわかるように、多くのものの味付けをカレー味にしていることもカレーのルウ購入額が1位の要因になります。

 

カレーを食べるとわかるように、カレーは濃い味付けです。カレーだけで食べると味付けが濃すぎると感じると思います。なので、カレー消費量が多い地域は、塩分消費量の高い県にもなっています。

 

ここまで述べてきましたが、カレーは日本食と言っても過言ではありません。多くの人がカレーが大好きです。ですから、カレーの消費量が全世界2位にもなっているのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク






関連ページ

あなたが生まれている当たり前のような奇跡の確率
メタボリックシンドロームの割合:体脂肪率と判断基準
四つ葉のクローバーが見つかる確率:四つ葉の意味と花言葉
AKBのじゃんけん大会で優勝する難しさを確率から知る
4年に1度の閏年(うるうどし)の2月29日に生まれる確率
億万長者になる確率を知り億万長者になる最善の方法を知る
一卵性双生児の双子を妊娠して出産する確率:奇跡の確率を学ぶ
薄毛になる確率と傾向を知り適切な対処法を考える
飛行機や交通事故の確率から安全な乗り物を知り身を守る
裁判員制度で選ばれる確率から選ばれることの重みを知る
致死率30%の身近な恐怖マダニの存在と対処法
海でサメに遭遇し襲われる確率を知り安全に海水浴を楽しむ
W杯勝敗を的中し、世界を騒然とさせたタコのパウル君の秘密
雷に打たれる確率とは:落雷から自らの身を守る方法
日本人が身長が180p以上になる驚きの割合を求める
ホールインワンが出る確率からホールインワンのすごさを知る
男の子と女の子が生まれる割合に違いはあるのか
がんの発症確率を学び、がんにならない対策を確率から考える
貧富の差の割合を知り自分たちが恵まれていることを知る
左利きが生まれてくる意外な割合とは
両親が二重でも子供が二重にならない確率と一重になる確率
おみくじの順序、順位とは:大吉や大凶が当たる確率と結び方のルール
注文住宅やリフォームで悪徳業者に工事を依頼しない確率を上げる

HOME プロフィール はじめに お問い合わせ