トップへ戻る

確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

事故する確率から安全な乗り物を知ることで身を守る

 

あなたはさまざまな乗り物に乗り日常を過ごしているかと思われます。ですが、その乗り物による事故は免れません。ですから、私たちは安全な乗り物を選択し、自分自身の身を守る必要があるのです。

 

私たちの日常ではたくさんの乗り物があり、その乗り物では事故を起こす確率がそれぞれ違います。死亡事故の確率を知り危険な乗り物を回避することは私たちがこれからの人生を長生きするためにも必要なことなのかも知れません。

 

どの乗り物が安全なのかは、知っている方は知っていると思いますが、日本の新幹線は、現時点で1番安全な乗り物になっています。その事故確率は「0%」です。乗客の死者は新幹線が発足してから今まで1つもありません。

 

ですが、三島駅で起こった駆け込み事故が初めての死亡者になると言う意見がありますが、正規な乗車方法とはいえないと言うことから、統計学上新幹線の事故による死亡率はゼロになります。

 

そして、新幹線の次に安全な乗り物は「飛行機」になります。その事故確率は0.0009%。

 

あまりにも低くて実感がわかないと思いますが、これは8,200年間毎日航空機に搭乗したとしも、一度事故に遭うか遭わないか程度の確率なのです。

 

確かに、航空機の事故は墜落イメージ等がありますし、とても怖いイメージがあります。実際に事故にあってしまった場合はほとんどの場合が死亡事故につながってしまいます。ですが、実際に起こる確率はとても低いためにそこまで大げさに心配する必要がないことがわかります。

 

また、船も安全な乗り物になり、その次に安全な乗り物が電車になります。

 

 身近な自動車の事故確率について
では、私たちの身近な乗り物の「車」の死亡事故の確率は、寿命を80歳と仮定した場合、生涯で自動車事故に遭う確率が死亡事故の確率を含めておよそ53%になります。

 

その中でも自動車の交通事故の確率はさまざまな要因が存在します。

 

 ・死亡事故を起こす確率は1%になり、100人に1人
 
 ・事故死してしまう確率は0.33%になり、300人に1人
 
 ・事故でケガをさせてしまう確率は66.6%になり、3人に1人

 

このように比べてみますと私たち自身が運転する車の事故確率が高いことがわかります。また、近年では深夜バスなどの運転手の長期労働による事故も発生していますので、比較的危険な乗り物と言うようになってしまいます。

 

ですから、車を運転する際には、気を付けて運転する必要があります。自分の命を守ることも大事ですが他人の命を奪ってしまったり、傷つけてしまったりする場合は十分考えられます。

 

そのようになってしまっては、あなた自身や家族の人生そして、相手の人、相手の家族の人生も狂わせてしまうことになりかねません。

 

車は電車などのように自動で走ってくれるわけではありません。運転は慣れてしまうと安全運転をおろそかにしがちです。ですから、運転するときは免許を取った時のような初心を忘れずに安全運転を心がけていただきたいです。

スポンサードリンク
カジノカジノ

借金ゼロ借金ゼロ

関連ページ

あなたが生まれている当たり前のような奇跡の確率
メタボリックシンドロームの割合:体脂肪率と判断基準
四つ葉のクローバーが見つかる確率:四つ葉の意味と花言葉
AKBのじゃんけん大会で優勝する難しさを確率から知る
4年に1度の閏年(うるうどし)の2月29日に生まれる確率
億万長者になる確率を知り億万長者になる最善の方法を知る
一卵性双生児の双子を妊娠して出産する確率:奇跡の確率を学ぶ
薄毛になる確率と傾向を知り適切な対処法を考える
裁判員制度で選ばれる確率から選ばれることの重みを知る
致死率30%の身近な恐怖マダニの存在と対処法
海でサメに遭遇し襲われる確率を知り安全に海水浴を楽しむ
W杯勝敗を的中し、世界を騒然とさせたタコのパウル君の秘密
雷に打たれる確率とは:落雷から自らの身を守る方法
日本人が身長が180p以上になる驚きの割合を求める
ホールインワンが出る確率からホールインワンのすごさを知る
男の子と女の子が生まれる割合に違いはあるのか
がんの発症確率を学び、がんにならない対策を確率から考える
貧富の差の割合を知り自分たちが恵まれていることを知る
左利きが生まれてくる意外な割合とは
両親が二重でも子供が二重にならない確率と一重になる確率
カレー大国日本の食卓にカレーが出る意外な割合と理由
おみくじの順序、順位とは:大吉や大凶が当たる確率と結び方のルール

HOME プロフィール はじめに お問い合わせ