確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

がんの発症確率を学び、がんにならない対策を確率から考える

 

私たち日本は「がん大国」です。アメリカでは減っているがんによる死亡が残念ながら日本では増加しているのです。その割合はなんと2人に1人ががんを発症しています。

 

この割合は非常に多いですし、がんにならないためにも日ごろの生活を改める必要があるのかもしれません。

 

そして、毎年およそ500人が、がんの告知を受けています。また、そのがんで年間100万人強が死亡しており、そのうち約34万人つまり、3人に1人ががんで亡くなっているのです。

 

確かに、医療が発達し、がんになったとしてもその45%は10年生き延びることができています。しかし、このことは先進国だけの割合になります。

 

がんと言えば死亡の原因としてトップの病気ですが、男性と女性ではがんになる確率に違いがあります。

 

圧倒的に女性のほうががんになる確率が高いのです。女性のがんの発症確率は、52%です。それに比べて男性は39%しかありません。しかし、がんの発症率の高い女性ですが、男性よりも平均寿命は長いです。

 

 がんになる原因
私たちががんになってしまう最大の要因は、「タバコ」になります。そして、科学物質や、自然界に存在するさまざまな放射性物質などが、がんになる原因になります。

 

私たちの体は、小さな細胞でできています。その数は約60兆個にも及びます。しかし、その細胞にも寿命が存在します。約60兆個の細胞のうち毎日1%つまり、6,000億個が死んでしまいます。

 

そのままでは細胞は毎日減り続けてしまいますので、それを防ぐために細胞分裂を繰り返し減った分の細胞を補う必要があります。この際に基本的には、細胞分裂ミスをしないようになっています。

 

人間の細胞分裂は、ミスをしないようにできているのですが、どうしてもミスを起こしてしまいます。そのミスが遺伝子の突然変異なのです。細胞が突然変異をしたとしても通常ならば、突然変異のミスの細胞になりますから、その細胞は長くは生きることができません。

 

しかし、ある遺伝子の突然変異が起こりますとその細胞は死なない細胞になってしまいます。

 

その死なない細胞ががん細胞なのです。そのがん細胞は突然変異を繰り返し大きくなりますので、大きくならないうちの早期発見ががんを治すためには有効なのです。

 

 なぜ、がんによる死亡率が増えたのか
現在ではがんは死亡率が高いですし、その発症率も昔にくらべて増加しました。その要因としては、時間が伸びたからです。

 

毎日細胞が減って、その細胞を細胞分裂で補う

 

この細胞分裂をする回数が寿命が昔よりも長くなったために増え、昔よりも突然変異が起こる可能性が増えました。

 

ですから、がんになりやすくなったのではなく、寿命が延びたことによる細胞分裂ミスつまり、がんになる件数が昔よりも増えたので、結果的にがんによる死亡率がトップになったと言うことなのです。

 

 タバコによるがんの増加
寿命が延びたためにがんの死亡率が結果的に上がったことは確かですが、やはり、タバコによるがんの増加は否めません。また、驚くことに喫煙者が無くなれば、がんの発生率が男性の場合は、1/3になると言われています。

 

現在では、がんの死亡率トップが肺がんになります。それ程までにタバコと言う存在は私たちの健康に大きな被害を与えているのです。

 

タバコによる肺がんの発生率はとても高く、男性で70%になり、女性で20%になります。ですから、男性は特に喫煙しないことが健康への近道だと言うことがわかります。

 

また、タバコは20歳からと言われていますが、すべての喫煙者が20歳からタバコを吸っているわけではありません。中には10代から喫煙をしている方もいます。そのような方はタバコを吸わない方よりも肺がんにより死亡率が約6倍に及びます。

 

しかし、タバコを吸う方よりもフィルターを通さない副流煙を吸うほうがとても危険です。

 

なぜなら、タバコを吸っている方はフィルターを通し発がん性物質を軽減した煙を吸っているのに対して、副流煙はその発がん性物質を含んでいる煙だからです。

 

タバコを吸わない方でも喫煙者と一緒にいる時間が長い人は、十分な換気をするなどの注意が必要です。

 

 タバコを止めて健康を取り戻す方法
値段のほとんどが税金のタバコは今後も増税により値段は上がるでしょう。その値段は年間にすればとても高く、数十万円にも及びます。ですから、喫煙者がタバコを止めることはとても経済的にもお得だと言うことになります。

 

病院でもタバコの治療が受けられる時代になり、その値段は数万円です。たばこの値段に比べれば比較的安く治療を受けられ、タバコを止められるのです。

 

何年にも及ぶ喫煙により、肺は真っ黒になりその活動も制限されます。しかし、タバコをやめて10年経てば健康的な肺になると言われています。

 

タバコをやめて健康を取り戻し、がんになる確率を減らし寿命を延ばし無駄なお金を失わないためにも、タバコを止めることはこれからの未来を生きるために必然なのかもしれません。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク






関連ページ

あなたが生まれている当たり前のような奇跡の確率
メタボリックシンドロームの割合:体脂肪率と判断基準
四つ葉のクローバーが見つかる確率:四つ葉の意味と花言葉
AKBのじゃんけん大会で優勝する難しさを確率から知る
4年に1度の閏年(うるうどし)の2月29日に生まれる確率
億万長者になる確率を知り億万長者になる最善の方法を知る
一卵性双生児の双子を妊娠して出産する確率:奇跡の確率を学ぶ
薄毛になる確率と傾向を知り適切な対処法を考える
飛行機や交通事故の確率から安全な乗り物を知り身を守る
裁判員制度で選ばれる確率から選ばれることの重みを知る
致死率30%の身近な恐怖マダニの存在と対処法
海でサメに遭遇し襲われる確率を知り安全に海水浴を楽しむ
W杯勝敗を的中し、世界を騒然とさせたタコのパウル君の秘密
雷に打たれる確率とは:落雷から自らの身を守る方法
日本人が身長が180p以上になる驚きの割合を求める
ホールインワンが出る確率からホールインワンのすごさを知る
男の子と女の子が生まれる割合に違いはあるのか
貧富の差の割合を知り自分たちが恵まれていることを知る
左利きが生まれてくる意外な割合とは
両親が二重でも子供が二重にならない確率と一重になる確率
カレー大国日本の食卓にカレーが出る意外な割合と理由
おみくじの順序、順位とは:大吉や大凶が当たる確率と結び方のルール
注文住宅やリフォームで悪徳業者に工事を依頼しない確率を上げる

HOME プロフィール はじめに お問い合わせ