確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

危険な地域に行くことは危ない事なのかを確率から知る

 

日本は平和な国かもしれませんが、テロや内戦など危険な地域は世界にはたくさんあります。あなたもニュースを見れば、そのような危険な地域の話などを見かけることがあると思います。

 

そのようなニュースを見てしまいますと、そのような地域に行くことが危険なことだと思います。しかし、果たして本当に危険な地域に行くことは危険なことなのでしょうか。本当に危ないことなのでしょうか。

 

確かに、そのような内戦やテロが頻繁に行われている地域にジャーナリストが取材に行き、命を落としてしまう事件なども起こっています。多くの方が、「なんでそのようなわざわざ危険な地域に行くのだろう」「そんな危ないところに行くから危険な目に合う」などと思うことは普通のことかもしれません。

 

 確率から危ないことなのかを判断する
ですが、そのことを確率的に見てみますと、答えが明確に出てしまいます。過去にイスラエルでテロ攻撃が頻繁に起こった時期がありました。

 

その期間は、2000年10月から2002年4月までになります。この期間において、イスラエルでテロの犠牲となった人の数は、全部で319人です。

 

この人数は、2万人に1人の割合になります。確率にして0.00005%です。この数字は極めて低いですし、同じ時期に交通事故で無くなる確率と比較したとしても2倍以上低い確率になります。

 

ですから、このように確率からどのようなことかを推測してみますと、行くこと自体は決して危ないことでもありませんし、そのような危険な地域に行くことは決して間違ったことではありません。

 

しかし、いくら確率が低いと言ってもたくさんの日本人ジャーナリストや日本人のツーリストが行けば、誰か1人くらいは犠牲者と言うものは出てしまうものなのです。もちろん、その犠牲者が1人でも出れば日本でニュースになります。

 

むしろ、確率の高い交通事故で無くなった人がいたとしてもわざわざニュースにはなりませんので、その事実をしる人は少ないでしょう。

 

その結果、日本人が海外で無くなるニュースのほとんどがそのような危険な地域に行ったことが原因や治安の悪い地域に行くことになりますので、そのようなニュースを見れば、「治安や危険な地域に行くことは死ぬこと」と思ってしまっても仕方がないのかもしれません。

 

ですが、このようにテロなどで犠牲になる確率を求めて気にしてみますと、あまりにも確率が低いことがわかります。決して安全とは言い切れませんが、必ずしも危険であり命を落とすと言うわけでもないのです。

 

 表面上のニュースだけを気にしてはいけない
話の冒頭でも説明しましたが、多くの方が、「なんでそのようなわざわざ危険な地域に行くのだろう」「そんな危ないところに行くから危険な目に合う」などと思ってしまいます。

 

しかし、現にそのような危険な地域に取材に行く方などのアンケートやインタビューを見ますと、ただ単に面白半分で行っているわけではないことがわかります。

 

「現地の状況をリアルに伝えたい」「現地の子供たちを救いたい」「現地の人々に援助したい」などと、思っている人がほとんどなのです。ですから、そのようなことを知らずにただ単に、「危険な地域に行くから危ない目に合うから自己責任」などと思うことは間違っていると思います。

 

そのような地域に行くことが、危ないことや危険なことだと言うことは、その本人たちが安全な日本にいる私たちよりもわかっているはずです。その人達には、そこまでして命を張ってまでも「伝えたいこと」「守りたいもの」があるのです。

 

日本は平和ですから平和ボケを多くの方がしているかもしれません。水道水が飲めるのにもかかわらず、お金を出してまでも水を購入する私たち日本人は、とても恵まれています。

 

ですから、決してその人たちの努力を無駄にしてはいけませんし、私たちにできないことを命を落としてまでも伝えてくれるジャーナリストの人達に、日本でのん気に生活している私たちはもっと感謝するべきではないのでしょうか。

 

そして、そのメッセージをちゃんと受け取る責任があるはずなのです。表面上の危ない地域に行ったから危険な目に合うと言うことだけにとらわれずに、このようななぜ、その人が危険を犯してまでも危ない地域に行くのかと言うことを考えていただければ、物事の本質がわかるのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ