確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

先入観によって価値観が変わってしまうバイアスの恐ろしさ

 

私たちはものの価値をさまざまな要因で決めています。あなたが実際にいいと思っているものも実際はそんなことなかったりするのです。

 

 先入観によるバイアス
例えば、あなたはお気に入りのコーヒーがあるとします。あなたは普通のコーヒーは美味しくないから「スターバックスのコーヒー」しか飲まないなどのこだわりがあるとします。

 

しかし、そのコーヒーはそんなに美味しくてそのコーヒー以外本当に飲めないものなのでしょうか。また、高いお金を払う必要があるのでしょうか。

 

私たちはものの価値を値段で勝手に決めてしまっています。

 

高い=美味しい

 

このような勝手な思い込みにより勝手な価値観を生んではいませんでしょうか。よく芸能人が目隠しをし、「Aの高いワイン」と「Bの安いワイン」を飲み比べるなどのテレビ番組がありました。

 

そのような番組では、いつもは高いワインばかり飲んでいる芸能人ですが、実際、味だけを飲み比べたときに高いAのワインと安いBのワインの区別がつかない方が大勢いました。

 

このように何も前提がなければ高いワインも安いワインもわからないのです。

 

中には大物芸能人と呼ばれる方もいましたが、安いBのワインを高いAのワインよりも美味しいと自信満々に判断している方もいました。

 

私たちは、「高級品のほうがいい」言う先入観があります。実際そうなのですし、「値段」や「高級感」だけで判断してしまいがちです。

 

しかし、そのすべてがそのような値段や高級感だけで本質は判断できません。確かに、世の中にある商品のほとんどが安いものと高いものに分かれています。

 

「値段が高いからいいはずだ」「高級だから安いものよりもいいはずだ」このような「はずだ」と言う根拠はどこから湧いてくるものなのでしょうか。本当にその高いものでなければいけないものなのでしょうか。

 

目隠しをしても味などがわかるのならばそのような高級なものを購入するのも納得がいきます。しかし、目隠しをして味がわからないのならば正直、安いものでも満足できるのではないでしょうか。

 

私たちはその先入観によるバイアスによって、さまざまなことやものの価値を勝手に決めていることが非常に多いのです。

 

 先入観で損をする
例えば、高い国産のお肉とやすい外国産のお肉のどちらが美味しいか本当に判断できますでしょうか。安いパソコンと高いパソコンで本当にあなたが行うことで満足いかないものなのでしょうか。1万円のジャケットと5万円のジャケットの着心地が本当にわかるのでしょうか

 

お肉も同じ品質で国産か外国産かでは条件はほとんど同じです。

 

お金がないのならば外国産では本当にだめなのでしょうか。あなたがパソコンを購入して高いパソコンを買ったとしてもその性能でなければだめなのでしょうか。本当に高いジャケットでなければだめなのでしょうか。

 

このようによくよく考えてみれば高くなくても満足できることはたくさんあると思います。結局、「高いものを使っている」と言う優越感を味わいたいだけ」と言うことを除いたらそこまで違いはわからないのです。

 

このような先入観を利用して企業はそこまでもいいものではないのにも関わらず、高級感を売りにして商品を開発しようとします。その企業の策略にはまってはいけません。本当にいいと思ったものだけにお金を使うことによって無駄な損失を出さなくて済みます。

 

このような先入観によるバイアスですが、行き過ぎてしまいますと差別などにつながってしまう原因になってしまいます。私たち日本人はこの先入観が特にすごい国です。

 

 行き過ぎたバイアスによる差別
日本人は海外からも褒められる秩序やマナーがあります。ですが、だからと言って外国人だと信頼されないと言うことにはなりません。

 

外国人があなたよりも優れた人だとしても外国人だと言うことを聞いた瞬間、その人のことを信頼できなくなってしまいます。

 

確かに、日本に来る外国人でマナーの悪い人や犯罪を犯してしまう人もいます。しかし、すべての外国人の方がそのような悪い方ではないのです。

 

文化と言う壁はあるかもしれませんが、それだけではその外国人の方を判断する基準になりません。このような先入観があるからこそ私たちは分かり合えないのです。些細なことでいざこざになり争いなどのことになってしまいます。

 

もっともっと私たちはそのものや人の本質を気にする必要がありますし、気にするべきなのです。外国人の方に先入観によるバイアスを感じてしまうことも仕方がないことかもしれません。しかし、それだけですべてを判断することは少し話が違ってはきませんか。

 

国同士の争いなどは今では減ってはきていますが、未だに存在しますしなくなりません。先入観によるバイアスによってそのようなことになっていることを理解する必要があるのです。

 

また、その先入観のバイアスを次の世代にまでも伝えてはいけないのです。
 
「中国人が悪い」「韓国人は悪い」このようなくだらないバイアスを持っていてもいけませんし、そのことを子供や孫に伝えていてはいつまでたっても分かり合えないのです。

 

そのような先入観のバイアス持つことは簡単で、楽で、心地いいかもしれませんが、一度持ってしまったバイアスを無くすことはすごく難しいです。

 

ですから、本質を見極める目をこれからの人生で本当の価値を見極めるためにも、次の世代に本当に正しいことを伝えるためにも養わなければいけないのかもしれません。

 


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ