確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

確率から最善の選択を選んで命を守るリスクマネジメントをする

 

世の中にはさまざまなリスクが存在します。そのリスクを管理することによって自分の身を守ることができます。その結果、結果的に命を守ることにつながることが実際に存在します。

 

例えば、あなたが東京から北海道や大阪や名古屋に行きたいと考える場合に、新幹線に乗るのかそれとも高速バスを選択するのかと言うことも命を守るリスクマネジメントにつながるのです。

 

 金額による安全について
新幹線と高速バスの場合、この両者では金額は大きく違ってきます。しかし、その金額と同時に安全面に関しても大きく違ってしまうのです。

 

新幹線の場合、安全面に関していえば新幹線ができてからの乗車による事故による死亡者数はゼロです。確かに、値段は高いかもしれませんが、安全で快適ですしなおかつ、早く目的地に着くことができます。

 

ですが、高速バスの場合は、安全面に関していえば新幹線と比べてしまいますと、新幹線のように決められたレールを走るわけではありませんし、実際に事故による死亡者も年間数千人に及びますので、事故による死亡してしまう確率は高くなります。

 

確かに、高速バスのほうが値段は安いですが、事故を起こしてしまう可能性を考えてしまいますと、その安さが本当に安いのかと言うことが疑問になってしまいます。

 

ですから、その新幹線と高速バスのどちらで移動するかと言うことが、命を守ると言う部分では大きなリスクマネジメントになってしまうのです。

 

しかし、上記のようなことは誰でもわかりますし、なかなか金銭面的な関係で常に新幹線と言う選択は難しいかもしれません。新幹線と高速バスの運賃の差額で何か買えるかもしれませんし、何かおいしいものを食べれるかもしれません。

 

そのような部分を考慮してしまいますと、なかなか毎回新幹線に乗れるわけではないかもしれません。実際、高速バスにより死亡事故が起きていると言っても、結局は他人事になってしまい、なかなか実感がわきません。

 

 他人のことは実感がわきにくい
人間は、あまり大きな数字になってしまいますと、実感がわかないと言うものなのです。

 

例えば、東日本大震災が起こりましたが、その際に数万人と言う被害者が出てしまいました。しかし、その数万人と言う数字は、なかなか関係ない人にとっては実感がわきにくいのです。

 

逆にどのようなことが実感がわくかと言うことを説明しますと、その人間1人やその家族と言った数人に限定することになります。

 

数万人が死亡してしまったとい言われてもなかなか実感はわきませんが、TVなどでその家族が、またはその人単体でと言うように限定した場合の話やエピソードのほうが、赤の他人からすれば実感がわきやすいのです。

 

これは人間の心理的な問題になりますので、仕方がない話になってしまうかもしれませんが、人間と言うものは他人にそこまで興味がない生き物ですし、なかなか他人のことばかりを気にする人は多くはないのです。

 

 命の重さとお金の重さ
少しシビアな話をしますが、今のご時世はお金で命を買えると言っても過言ではないのです。上記で説明した通り、新幹線に乗って安全を手に入れることもお金で命を買うと言うことになります。

 

残念ながら、今の世の中ではお金によって死亡してしまうと言うことは当たり前の世の中になってしまいましたし、そのお金を稼ぐために一生懸命に生きているのです。

 

その要因として、「自殺」の原因が考えられます。日本は年間約3万人もの自殺者が存在する自殺大国です。そして、その自殺の原因の2位が金銭面的な問題なのです。

 

ですから、お金があれば救われる命がたくさんあると言うことと同時に、お金が原因で命を失っていると言うことになります。非常に残念なことかもしれませんが、これが今の日本の現実ですし真実なのです。

 

実際に、生命保険などに関して言っても命に値段がつけられています。このようにお金によって命が救われることがわかりますし、お金の重さを考えることができます。

 

世の中、お金がすべてではないかもしれませんが、資本主義と言うことからもお金は生きるうえでとても重要だと言うことなのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ