確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

保険に入ったほうがいいことを確率から学ぶ

 

あなたは保険に入っていますか。おそらく多くの方が保険に入っていると思いますが、その保険とは確率にものすごく関係しています。

 

 基本的な考え方はギャンブルと同じ
保険も考え方はギャンブルのような考え方とそこまでの大きな差はありません。ギャンブルは、10人が10万円を使ったとしたらその全体の金額の100万円の1割を利益にし、残りの9割を還元するような考え方になりなす。そして、保険に関してもこのような考え方になります。

 

保険業界では、アクチュアリーと呼ばれる人々が存在し、さまざまな保険の契約に関するリスクの度合いを計算します。

 

その計算を参考にして、保険の掛け金などを決めています。そして、その計算をする際には、保険に加入する人や同じような人に対する統計を調べ、リスクの面を考慮してそれぞれのケースを分析します。

 

保険の掛け金の計算方法は、簡単に説明してしまえば保険金を支払う方の割合を求め、それを全員で負担する形になります。

 

例えば、あなたが車で事故をしてしまい、その修理費用が100万円かかってしまったとします。その際の修理費用を保険金で負担するときに、どのくらいの割合にすれば自分たちが利益を出しつつ損をしないのかを考えます。

 

 

この際、あなたと同じように車を壊してしまい、100万円の修理代がかかってしまう人が年間に10人に1人いたとするのならば、あなたの年間の保険の金額は10万円になります。

 

このことは、あなただけではなく他の人も10万円の保険料を支払うと言うことになります。しかし、自動車保険に加入している方はわかると思いますが、年齢や条件によって保険料が違います。

 

それは、もし、このような保険加入者の全員を同じ待遇にしてしまいますと、保険をあまり使わない方と保険をたくさん使う方との差が生まれてしまいます。

 

ですから、若者などはまだ運転免許を取り立てで十分な経験がありませんし、交通事故を起こす割合が多いために保険料を高く設定する必要があるのです。

 

そして、このようなことをアクチュアリーと言う人々が決めているのです。その際に、さまざまな条件が重なる人の割合を参考にします。なぜなら条件が同じ人のほうが同じ割合で事故を起こす可能性が高いと言う考えになるからです。

 

 保険は立派なビジネス
また、保険会社はただ単にボランティアでこのようなことを行っているわけではありません。

 

実際は、上記の100万円を10人で負担するような考え方ではなく、100万円を9人で負担して100万円の1割を保険会社の利益とする形になります。

 

本当の割合は1割かどうかわかりませんが、とにかく利益分を上乗せして計算しているのです。ですから、保険会社はお金を集めて必要な人が必要になったらその集めた金額を使っているだけにすぎません。

 

そして、そのことで利益を生み出しているに過ぎないのです。保険料は、加入者が多ければ多いほど安くなりますし、加入者が少なければ少ないほど高くなります。

 

保険会社は保険加入者の確保がとてつもなく大事になります。なぜなら、保険加入者が少なくなりますと保険料も上げざるを得なくなりますし、自分たちの利益も確保できないからです。

 

 保険は万が一のために加入する
また、今回は自分の車が壊れてしまったと言うことで保険金が支払われると言うことで説明しましたが、実際の保険はリスクに対して保険を賭けます。

 

例えば、住居が燃えてしまった。災害にあってしまった。または、自分が怪我をしてしまった。働けなくなってしまったなどです。自動車保険に関していえば、最も重要な「相手を傷つけてしまった」などです。相手を傷つけてしまえば保険料は、とても高いものになってしまいます。

 

自動車の交通事故で最悪の場合は、「相手を死なせてしまう」可能性も十分考えられます。そのようなことになってしまえば保険は、数千万単位になってしまいます。

 

 

事故を起こしてしまった側は、とてつもない金額を支払わなければいけないのです。

 

このようなことからも自動車保険の任意保険は必ず加入するようにしましょう。今ではたくさんの保険がありますので、価格もとても安くなっています。

 

いざと言うときは「起こるからいざと言うとき」なのです。何かあったら困るようなことならばできるだけ保険に加入することをおすすめします。

 


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ