確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

借金は未来の自分からお金をお金を払って借りる行為

 

あなたに質問をしますが、「借金とは何のことでしょうか。」借金とは漢字を見ればわかると思いますが、借りるお金です。お金を借りる行為を借金と言います。

 

そして、お金を借りると言うことは利子を払わなければいけません。銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる際には、タダでお金を借りることはできないのです。

 

友人や家族などの身内から金利をなしでお金を借りることはできますが、基本的には、お金を借りる=金利を払うと言うことになるのです。

 

 モノを借りるにはレンタル料を払う
お金に限らず何かを借りる際には利子を払わなければいけません。例えば、レンタカーを借りる場合にもレンタル料を支払わなければいけませんし、リース(モノをお金を払ってレンタルすること)する場合にもレンタル料を支払わなければいけません。

 

世の中では何かを借りるには借りるものに対する代価を支払わなければいけないのです。ですから、お金を借りると言うことに対しても当然その分の対価である、利子を支払わなければなりません。

 

経済学においても、お金を借りる際の利子は「お金のレンタル料」と言う考え方をします。レンタル料と聞けば聞こえはいいかもしれませんが、レンタカーやリースなどのレンタル料とお金のレンタル料ではわけが違います。

 

レンタカーやリースにおいてレンタル料を支払うのであれば、レンタル料なりのコストパフォーマンスです。通常では、購入しなければ使えないようなことをレンタル料を一時的でも支払えば使用することできますので、レンタル料を支払っても問題はありません。

 

しかし、お金に関してはレンタル料を支払って借りると言うことは損でしかないのです。100万円を借りれば当然金利が付きます。ですから、返済するときには100万円+金利の金額を支払わなければなりません。

 

 借金は未来の自分からお金を借りる
お金を借りればそれ以上の金額を返さなければいけません。お金を借りた100万円もお金を貯めた100万円も価値はどちらも変わりません。お金を借りた場合はこの100万円にさらに金利を支払わなければいけませんので、金利の分だけ損なのです。

 

考え方を返れば借金は、未来の自分からお金をお金を払って借りる行為だと言うことができます。しかし、ここで勘違いしないでいただきたいのですが、お金をお金を払って借りると言う行為を簡単に考えてはいけないと言うことです。

 

経済学の中に「割引現在価値」と言う考え方があるのですが、この考え方は将来のお金の価値が、もし現在受け取れたとしたらどの程度の価値を持つかを表すものになります。

 

例えば、1年後に100万円貰えるのと、今90万円貰えるのが等価であると感じる人にとっては、1年後の100万円の割引現在価値は90万円となると言うことになります。

 

このことを現実的に考えてみますと、現在の100万円が年利10%で1年後は110万円になっていると言うことになります。このような考え方が割引現在価値になるのです。

 

ですから、借金は特に割引現在価値の考え方が当てはまるのです。借金をしなければ1年後に100万円手に入るはずだったのですが、その100万円を今手に入れると言うことになりますので、その分の金利をすでに払った90万円を手に入れると言うことになります。

 

 割引現在価値とは
この未来からお金を借りる際に発生する手数料であり、金利が借金をすると言うことのデメリットになるのです。

 

あなたが100万円借金をすると言うことは、100万円を借りて来年金利分を上乗せした110万円を返すと思いがちですが、実際は違うのです。本来、借金をしなければ1年後に手に入る110万円を手数料を払って今100万円手に入れているのです。
 

借金は未来のお金レンタル料を支払っていると考えることもできますし、このように未来にもらえる金額を差し引いた金額を手に入れていると考えることもできます。

 

借金は必ずしも悪いと言うわけではありませんが、借金をしなければしないほうがいいです。なぜなら、本来の金額をそのまま手に入れることができるのですから。

 

借金をしてしまえばすぐにお金が手に入るかもしれませんが、そのすぐお金が手に入ると言うことは損をしていると言うことになります。

 

お金をレンタルしていると言う感覚では、借金をしていると言う実感がわかないかもしれません。ですが、本来もらえる金額がもらえなくなると言う考え方ならば、借金をしていると言うことをもっとほかの視点から考えることができるのではないでしょうか。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ