確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

サンク・コスト効果:もったいない思考は結局は損する思考

 

コストとは費用のことですが、私たちが生活する中ではさまざまなコストが存在します。しかし、コストの中でももう戻ってこないコストはあります。この戻ってこないコストを経済学では、「サンク・コスト効果」と言います。または、埋没費用(まいぼつひよう)とも言います。

 

その戻ってこないコストをどのように考えるのかによって、正しい判断をできる場面があります。その場面で正しい判断をすることができるのであれば、結局そのコストを無駄にしないことになりますし、コストを最大限活かすことができるのです。

 

むしろサンク・コスト効果から言えば、そこで正しい判断をすることが将来的にも得をしますし、あなたが損をしないためにも重要な思考なのです。

 

 サンク・コスト効果とは
もう戻ってこないコストとしては、例えば、ソーシャルゲームなどで1万円課金してアイテムが貰えるガチャを引いたとします。

 

しかし、1万円を使ったのにもかかわらずそのガチャで引いた内容な自分の求めるものではなかったので、1万円課金しているからその1万円がもったいないと思ってしまい、あなたは更に課金をすることにしました。

 

ですが、もう2万円を支払ってもあなたの求めるアイテムは手に入りませんでした。この3万円はもう戻ってはこないコストになります。最初から課金しても欲しいアイテムが手に入らないとするのならば、あなたは課金をしなかったはずです。

 

なぜなら、それが合理的な判断であり、当たり前の判断だからです。他にも、100万円で購入した車の調子が悪く、修理に出したところさまざまな部品の交換が必要になり、30万円の修理代を支払ったとします。

 

しかし、最初は調子が良かったのですが、すぐに調子が悪くなり次は50万円の修理代がかかると言われました。ですが、あなたはもう30万円支払っていますので、もう50万円も支払うことにします。

 

このときの修理代の合計としては80万円です。もう少し出せば新しい車を買うことができる金額になってしまいました。

 

この場合も最初から80万円もの修理代がかかるとわかればあなたは新しい車を買うことを選択していたと思います。

 

なぜなら、この場合もその選択が合理的で当たり前の選択だからです。しかし、経済学において理論や便益だけをみて考えれば、このサンク・コストについて現在または将来の利益を得るための計算材料にしないほうが合理的になります。

 

上記の当たり前は経済学においては当たり前ではないのです。ソーシャルゲームの場合では、1万円を使ってしまったからと言って、もったいないと思うのではなく、そのようなもうどうしても戻ってこないコストはなかったものと考え、次の2万円を投資してはいけないのです。

 

車の場合においても、30万円を支払ったからもったいないと思うのではなく、追加で50万円支払えばもう1台車を購入できる金額になってしまいますから、30万円支払ったことをあきらめて次の車を買ったほうが合理的でそのほうが得なのです。

 

 サンク・コストの呪縛とは
このことはなかなか割り切れるものではありませんし、多くの方がもうお金を使っているから今やめたらもったいないと言う思考が働きます。しかし、そのような思考になってしまいますと、永遠とやめることができなくなってしまいます。

 

先ほどの車の例えで、合計80万円の修理代を支払った後に車の調子が悪くなってしまい、もう30万円修理代がいるとなれば30万円支払ってもったいないと思い、50万円を支払った人ならばその30万円も支払ってしまうでしょう。

 

そうなってしまえば、合計の修理代は110万円になってしまいます。それでは、100万円と言う車の購入金額よりも高くなってしまいますし、ずるずる引きずってしまうのです。

 

ですから、最初に30万円の修理代を払った後で、もう50万円の修理代がかかってしまう場面で勇気を出し、その30万円を割り切ってしまうことが経済学においてサンク・コスト効果的に、お得ですし損をしない決断となるのです。

 

一見、最初の修理代は30万円損してしまったように感じるかもしれません。しかし、その30万円を防ぐことはできなかったはずです。その30万円はどうしようもないコスト、つまりサンク・コストなのです。そのコストをいい意味で諦めることが、結局はあなたを将来的に損をさせない思考になります。

 

 今やめることが一番安くて得
このようにサンク・コストについてまとめてみますと、サンク・コストの呪縛から抜け出せない人と言うのは、目の前の損失ではない表面上の金額を受け入れられない人になり、未来であり将来のことが見えていない人と言う解釈ができてしまいます。

 

特に損をしたくないと強く思う人が、サンク・コストの呪縛に当てはまりますし、損をしたくないと強く思うばかりに結局は損をしてしまっていると言うことになります。

 

確かに、勇気のいる決断かもしれませんし、使った金額は戻ってこないかもしれません。しかし、もう戻ってこないお金なのですから、切り替えるしかありません。今切ることが最善であり、最安値で損をしないのです

 

過ぎてしまったことをいつまで引きずっても仕方がないのです。いい意味で切り替えて次を見てください。目先のことをにとらわれるのではなく、将来であり未来を見据えていただければ、サンク・コストの呪縛から簡単に脱することができますし、損をしない思考になることができるのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ