確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

機会費用の損失:何かをすれば何かが犠牲になる

 

私たちの体は1つしかありません。同じことを同時に行うことはできないのです。ですから、人生にはさまざまな選択肢が存在しますが、その選択肢を選択することによって、他に犠牲になるものがあると言うことを学ばなければいけません。

 

何かをすれば何かを犠牲にしなければなりません。ある行動を選択した場合に、実際に選択しなかった他の行動は実現されません。仮に選択しなかった他の行動をした場合に得られたであろう利益が犠牲になっているのです。

 

このように、一つのことを行うと、もう一つのことを行えるチャンスがなくなることを「機会費用」と言います。また、「オポチュニティーコスト」とも呼ばれます。

 

 時間をかけるほど損失になる
例えば、バイトの予定があったのにもかかわらず、体調不良などで仕事がやむを得なくバイトにいけない場合ではなく、ただ単純にずる休みした場合の本来バイトに行っていれば得られるはずだった給料の金額が機会費用になります。

 

また、1000円安いからと言って2時間も並んでそのものを買う場合ならば、わざわざ2時間も並んで買わずにおとなしく働いていたほうが得です。

 

他にも、スーパーのチラシを見て100円の野菜がいつもより10円安いからと言って、片道1時間かけてわざわざ買いに行く必要があるのでしょうか。

 

この場合では、往復2時間もかかります。2時間を使って数十円の節約ならば、普通に働いたほうが合理的だと言うことは明らかです。

 

大学に行っている人も、大学に行かずに働いていた場合の金額が機会費用になります。その際、仮に大学に行かずに働いて時給1100円稼げるとするのならば、働かずに大学に行っている以上、その時給1100円の価値がある勉強を行わなければいけません。

 

私たちの生活にはさまざまな選択肢が存在します。例え、本人が選択をしていると言う実感がなかったとしても何らかしらの選択をしているのです。

 

機会費用において、何かを選択する場合は本当にそのことを行っていいのかと言うことを考える必要があります。そのときに、他に自分に何かできることはないのかを考える時間を持つことが重要です。

 

今自分が行える選択肢を考えられるだけ考え、そのいくつかある選択肢の中から最善の選択を選ぶことができれば、機会費用においてベストな選択を行えるのです。

 

 よく考えれば簡単にわかる
人間は、目先の利益にとらわれてしまう生き物です。先ほどの例えのバイトの件でもそうです。ただ単純に朝が眠いなど、めんどくさいなどと言う欲望に負けて、本来得られる利益が見えていないのです。

 

スーパーのチラシを見て100円の野菜がいつもより10円安いからと言って、片道1時間かけてわざわざ買いに行く場合においても、往復2時間かける価値がないことは明白です。ただ単純に「安い」と言うことしか頭にないから、最善の選択を選ぶことができないのです。

 

機会費用による損失は、言ってしまえばよく冷静になって考えれば誰にでもわかることです。少し落ち着いて考えれば、正しい選択を誰でもできるのです。

 

私たちの人生であり、時間は有限です。無限ではないのです。ましてや、過ぎてしまった時間を戻すことはできません。

 

そのように時間が限られている以上、その時間を大切にすることは人生を豊かにするうえでも重要なことですし、後悔しないためには必要なことなのです。

 

誰かの言葉に「時は金なり」と言う言葉がありますが、まさにその通りです。無駄な選択肢を選択し続ければ確実にあなたの人生であり、時間はなくなっていくのです。ですから決断を焦るのではなく、ときには少し冷静になる時間を常日頃からもうけていただきたいです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ