確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

勝てない勝負はせずに勝てる勝負だけ勝負する事でトータルで勝つ

 

ギャンブルは、1回勝てばいいと言うものではありません。最終的に資金をプラスにできるように勝たなければ意味がありません。

 

10回勝負をしたとしても10回の勝負すべてを勝たなければいけないと言うわけではないのです。

 

 負けを認める勇気
勝てないと思う勝負ならばその勝負をしないと言う選択をしたり、そこまで大きな金額を使わないなどをすることによって負けを最小限にすることが最終的に勝つためには重要になります。

 

ですから、10回勝負するような場面だとしても10回中3回は勝てばいいだけなのです。残りの7回は損失を最小限にするために負けると言うことになりますが、それが正解なのです。ギャンブルを行っている人ならばわかると思いますが、ギャンブルで常に勝つことは難しいと思います。

 

ほとんどの方が基本的には負けていますし、勝つ回数よりも負ける回数のほうが多いと思います。

 

最終的に資金をプラスにするためには、勝つ回数よりも多い負ける回数でいかに負ける金額を抑え、数少ない勝ちをその負けの金額の合計よりも大きくすることがギャンブルで勝つための方法になります。

 

簡単に言ってしまえば負けを小さくして勝ちと大きくすると言うことになります。しかし、このようなことをギャンブルを行っている人のほとんどが理解できていません。勝負のすべてで勝つことは不可能ですから、負けるところはいさぎよく少額で負けるのです。

 

なぜなら、勝てない勝負を無理にする必要はありません。勝てないのですから、その勝負は負けることがほとんど確定しているようなものなのです。そのような負けることが濃厚な場面で勝負したとしても、結局は負ける回数のほうが圧倒的に多いでしょう。

 

確かに、負けが濃厚の勝負でも勝つかもしれません。しかし、それはあくまでもたまたまであって、その負ける要素が大きい勝負では勝負しないほうがトータルで考えたほうがいいのです。

 

 トータルで勝つようにする
とても重要なことなので何回も言いますが、10回の勝負の1回1回を勝ちにいくのではなく、10回の勝負全体でトータル勝つようにしなければなりません。

 

負けると思った場合や負けることが濃厚なときは無理やり勝とうとするのではなく、いさぎよく負けるのです。

 

なぜなら、そのほうが合理的なのです。勝てると思わない勝負では勝負しないだけなのです。負けるとわかっているのならば、勝負しても自分が損をしてしまうだけですから、勝負しないと言う選択をすることはごく普通なことなのです。

 

そのように小さな負けであり敗北を積み重ね、その負けを積み重ねていくうちに訪れる勝ちで大きな利益を生み出すのです。10回の勝負で7回100円で負け、3回の勝負で300円勝つことができればトータルでプラスにすることができます。

 

 チャンスはいつでも訪れる
もし、あなたがそのような場面になったとしたら考えていただきたいのですが、本当にその勝負をするべきなのか。本当にその勝負そのリスクを取るにあたってそのリスクに見合ったリターンが返ってくるのかをよく考えていただきたいです。

 

勝負は明日も明々後日も行うことができますので、勝てない勝負で無理に勝負する必要はありません。また、次の機会を待てばいいだけの話なのです。

 

ギャンブルを行っている人の多くが勝負に熱くなってしまいますが、そのように熱くなっているときと言うのは冷静な判断をすることができません。冷静な判断をすることができなければ、負けてしまって当たり前ですし、損をしてしまう確率が高いです。

 

ですから、そのようなときこそ冷静な判断をすることが、勝つためには必要ですし、負けて損失を大きくしてしまわないためにも大切なのです。

 

勝てない場合は勝負をするのではなく、時には勝てない勝負をしないことを選択することも必要です。そのような大人しく負けを認めることこそが本当の勝つと言うことなのかも知れません。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ