確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

宝くじに当たることは必然であり奇跡ではない

 

宝くじに当たることは誰でも望むことかもしれませんし、生涯賃金が一瞬にして手に入るのですから、その後の人生が安泰かもしれません。ですが、多くの方がどこかで1等が当たったと言うニュースや口コミを聞くと「すごい」ことだと思ってしまいます。

 

しかし、果たして本当に宝くじで当選することはすごいことなのでしょうか。そんなに驚かなければいけないことなのでしょうか。確かに、ジャンボ宝くじの当選確率は、1000万分の1になりますから、当選した本人はすごいと思うかもしれません。

 

ですが、赤の他人の周りがそのことをすごいと思うことは、間違っているのです。なぜなら、宝くじは毎年販売しています。

 

そして、その販売数はとてつもない数になります。1000万分の1の宝くじだとしても2000万枚販売すればどこかの誰かは当たりますし、別に関係のない私たちが騒ぐことではありません。

 

 確率が低くても全部が外れることはない
それだけの販売数ならば、いくら宝くじの当選確率が低くても買っている人のどこかの誰かは当たりますし、このことは別に奇跡でもありませんし当たり前のことなのです。

 

例えば、今からコイントスを行い10回連続で表が出るまで繰り返すことにします。確率にしてみますと、1024分の1の確率です。コイントスは50%ですから、この0.5を10回掛けることでこの1024分の1と言う確率が出ます。

 

この確率は、宝くじ程ではありませんが十分に低い確率ですし、そう簡単に出る確率ではありません。ですが、1回の挑戦や10回の挑戦で、10回連続表を出すことは難しいかもしれません。

 

しかし、1日200回の回数を10日くらいやれば1回ぐらいはでます。また、2000人が一気にコイントスを行えば、一人くらい連続で10表が出るかもしれません。

 

このコイントスで10回連続表が出ることと宝くじで1等が当選することは全く同じことなのです。このことは、別に起こり得るべくして起こることになり、別に驚くことではないのです。

 

確かに、宝くじで当選することはコイントスで10回連続で表や裏が出ることとはわけが違いますし、確率の分母も大きく違います。しかし、確率がいくら低くてもその分母以上の回数をこなせば、いずれはその確率通りの確率になるのです。

 

 宝くじは確率通りになっている
他人が宝くじに当選すれば羨ましいかもしれません。自分が宝くじを買って外れたとしたら、なおさら宝くじで当選した人が羨ましく感じるかもしれません。

 

ですが、このことについて別に何も当選した他人を僻む必要はありませんし、あなたが当選しなかったとしても別に落ち込むことはありません。ただ単に、確率が確率通りになっただけのことなのです。

 

宝くじの確率が低いことは誰でもわかることです。1000万分の1の当選確率ですから、当たらなくて当然です。一口300円だとしても1000万枚宝くじを購入するには、300億円分購入しなければなりません。

 

あなたが数万円や数百万円購入したところで、宝くじの分母には遠く及ばないのです。このように単純な算数ができれば、宝くじが当たるのかと言うことが現実的な数字なのかは、簡単にわかることなのです。
 
よくこのような確率において、運が良かったとか引きが強いとか言う人が多いですが、決してそんなことはありません。確率はランダムですし、そのランダムをコントロールすることはできません。

 

あくまでも偶然なのです。日ごろの行いがよかろうが悪かろうが、宝くじで1等は当選しますしこの両者の当選確率は、同じ1000万分の1なのです。確率において、このことだけは勘違いしてはいけませんし、勘違いすることによって数字を客観的に見ることはできないのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ