確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

宝くじに当たりやすい買い方や日時場所番号はあるのか

 

宝くじを買う際に多くの方が、当たりやすい販売店や当たりやすい番号や当たりやすい日時や時間などがあるかを気にします。しかし、よく考えていただきたいのですが、販売店や日時、場所、番号を気にしたところで、確率は変わりますでしょうか?

 

答えは変わりません。確率を変えることができない以上、宝くじをどこで買おうがどの時間に買おうがどの時間やどの番号を買おうが、宝くじの当たる確率は変わらないのです。

 

ですが、このように小学生でもわかる問題を大の大人が理解できていないのです。その事実に少し驚きを隠せませんが、このようにジンクスや縁起を担ぐ人が多すぎるのです。

 

そのようなオカルト的な考え方をすることは、結局は損をしてしまいますし、わざわざ長い行列を並んでまでもこだわる必要はないのです。そのような時間があるのならば、もっと他のことに時間を使ったほうがよっぽど合理的なのです。

 

 宝くじの1等が多い売り場の秘密
確かに、宝くじの1等の数が多い販売店は存在します。しかし、それはただ単に販売数が多いからです。販売数が多いから結果的に1等の当選数が多いにすぎないのです。このことも小学生の算数を学んでいれば簡単にわかるのです。

 

仮に、1等の枚数が1枚だとして、地方の宝くじ販売店が1万枚販売するのに対し、一番販売数が多い販売店が100万枚販売したとするのならば、単純に考えても地方の宝くじ販売店よりも販売数が、一番多い販売店のほうが100倍1等の当選する確率は高いのです。

 

これが1等がよく出る販売店の秘密になると同時に、これが事実なのです。ですが、勘違いしないでいただきたいのですが、1等の当選数が多いからと言ってもその販売店が当たりやすくなると言うことではありません。

 

ただ単に販売数が多いと言うだけです。それ以上でもそれ以外でもないのです。確率において、この部分だけは勘違いしてはいけません。この部分を勘違いしてしまっては、元も子も無くなってしまいます。

 

ここまでのことを「当たり前」「誰でもわかる」と思う方もいると思います。そのような方はこの先、宝くじにおいて損をすることはないですし、販売数が多いから1等の当選数が多い販売店に並ぶことはないと思います。ぜひ、他の記事を読んでいただきたいです。

 

しかし、まだ販売店や当たりやすい番号があると思っている人は、続きを読むことをおすすめします。受け入れることがなかなかできないかもしれませんが、事実を受け入れると言うことは、あなたにとってメリットしか存在しないのです。

 

 宝くじの当選確率は変わらないことの解説
この問題を簡単に解決するために少し条件を極端にして解説します。販売店が2つしかないと仮定します。1等の当選確率は1/100万枚としてこのすべての宝くじを完売するとするのならば、この2つの販売店のどちらかで1等が当たると言うことになります。

 

販売数が99万枚の販売店と、販売数が1万枚の当選確率は以下になります。

 

 ・販売数が99万枚の販売店は、99%の確率で1等が出る

 

 ・販売数が1万枚の販売店は、1%の確率で1等が出る

 

販売数が多ければ多いほどこのように、多い販売店から1等が出る確率は高くなります。しかし、1枚当たりの当選確率はどちらの売り場も同じです。1/100万枚の確率なのです。

 

その他にも、このことは正月のおみくじでたくさん引けば大吉が出ることと同じになります。ですから、販売店によって大当たりの確率は、変わることはないのです。

 

確かに、縁起を担ぎたくなりますし、ジンクスを信じたくなるかもしれません。宝くじに当たるのならば、少しでも努力をしたいと言う思いがそのようなことになってしまうのかもしれません。

 

しかし、実際は販売数が多いところが1等の当選するは多くなります。そうしますと、そのことをマスコミも取り上げますし、販売店もそのことを売りにして販売数を多くしようと「1等の当選数日本一」などと言うように、その事実を利用してきます。

 

そのことを聞いた人が、さらにその販売店で宝くじを買えば、当然1等の当選数もまた多くなります。このようなことからも宝くじは、販売数が多いところに1等が多く当たり、1等の出る確率が高くなるだけなのことなのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ