確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

ギャンブルの必勝法を考える上での基本的な考えグリコ必勝法

 

確率思考で物事を考えることはギャンブルを行う上でもとても重要なことになります。しかし、いくら知識だけをいくらつけたところでギャンブルでは勝てませんし、利益を生み出すことは難しいでしょう。

 

ですから、ギャンブルで勝つためにあるゲームを使った実践的な考え方を説明します。

 

あなたは子供の頃に「グリコ」と言う遊びを行った記憶はありますでしょうか?

 

グリコとはじゃんけんを行い、勝った手に応じて階段などを上るゲームです。地域などによって多少の呼び名であり、ルールが違うかもしれませんが、基本的な考え方には変わりはありませんので、数字を変えればどのようなルールでも応用が利きます。

 

グリコのルールはいたって簡単で、以下のようになります。
 
 ・相手とじゃんけんをして勝った手に応じて進む回数が決まります。
 
 ・パーで勝ったのならば「パイナップル」と言いながら6歩進む
 
 ・チョキで勝ったのならば「チョコレイト」と言いながら6歩進む
 
 ・グーで勝ったのならば「グリコ」と言いながら3歩進む
 
 ・一番最初にゴールについたものが勝利する

 

このようなルールになります。このゲームは複数人で行うゲームなのですが、今回はこのゲームの必勝法を説明しやすくするために2人でゲームを行うものとします。

 

このグリコの遊びの必勝法は、チョキとパーで勝てばグーの倍の歩数で歩くことができますので、チョキかパーを出し続けていれば相手より有利になると思われがちです。

 

また、チョキを出せば負けても相手がグーで勝つために3歩しか進むことができませんし、相手がチョキならばパーにも勝つことはできますし、相手がチョキならば相子になるために一番効率的にはいい手です。

 

しかし、このようなことは簡単に思いつくことなので、相手も同じようなことを考えますので、チョキとパーだけを出していると簡単に手の内を読まれてしまいます。

 

ギャンブルで重要なことは少数派になることです多数派の思考では勝つことはできません。現にギャンブルのオッズなどもそのような形で決められており、多数派は負けるような仕組みになっているのです。相手の手の内がわからない以上、確率的な要因を考慮した上での必勝法を考える必要があるのです。

 

ですから、このようなグリコの必勝法を考えるためには、このゲームは何回もじゃんけんを行い、相手よりも歩数を−3、+6と言ったように自分のトータルの数字を増やすことが狙いになります。

 

簡単に言ってしまえば、不自然なく相手よりチョキやパーのような6歩進める手で勝ち、できるだけグーで負けると言うことになります。

 

 グリコの必勝法を確率から求める
相手がどの手を出すのかわかりませんので、チョキをXにし、パーをYとします。そして、1−X+Yでグーの確率を求めるようにします。この式ならば、すべての確率を足せばすべての確率のトータルが100%になることは理解できるかと思われます。

 

この数字と公式を計算をしてグリコの必勝法を考えるのですが、このゲームの必勝法と言っても必ず勝つ方法ではなく、「負けない方法」になります。必ず勝つと言う方法はないのです。

 

計算方法は省略して結果だけをいいますが、グーとチョキを2/5で出し、パーを1/5の割合で出していただければ相手がどのような順番や割合で手を出してきたとしてもトータルで負けない方法になります。

 

比率に表してみますと、

 

2(グー):2(チョキ):1(パー)

 

の比率になります。

 

このような比率でじゃんけんをランダムに行っていただくことがグリコの負けない必勝法になります。

 

ですが、このことを利用したうえで相手のじゃんけんの癖を見抜くことができれば、「相手によっては勝てる」必勝法が誕生します。

 

じゃんけんしている際に相手の出す手を注意して見てみるとわかるのですが、人によってはグー、チョキ、パーの順番で手を出し続けている人も存在します。また、その逆のパー、チョキ、グーの順番でじゃんけんを行う人も存在します。

 

同じ人とじゃんけんを行えば相手の呼吸が見えてきます。最初はグーでじゃんけんを行ったら初めに何を出す割合が多いのかを分析するだけでも、こちらには負けない必勝法がありますので有利になります。

 

このように負けない必勝法に少しだけでも相手の癖を見抜き、+α加えることができればグリコで勝つ確率はものすごく高くなります。

 

 じゃんけんの必勝法
グリコの必勝法は2(グー):2(チョキ):1(パー)の割合で手を出せば負けないと言う方法でしたが、実はじゃんけんそのものにも必勝法は存在します。

 

それは、「相子になったらその手に負ける手を次に出す」と言う方法です。

 

その中でも統計的に簡単にじゃんけんで勝つ手の出し方は、「パー、グー、チョキ」の順番で出す方法がじゃんけんの必勝法になります。

 

そして、最初はグーでじゃんけんを行う場合は、「チョキ、パー、グー」の順番で出す方法がじゃんけんの必勝法です。

 

じゃんけんは確率的には、1/3です。しかし、人間が手を出す以上必ずしもそのような平均的な確率になるわけではありませんので、人によっては癖が存在します。その癖を見抜くことはじゃんけんやグリコの必勝法になるのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ