確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

単利と複利の大きな違い:借金や貯金で損をするのはどちらか

 

あなたは、さまざまな理由からお金を借りているかもしれませんし、これからお金を借りるかもしれません。お金を借りる場合の金利やの付き方や定期預金や貯金などの利息には2種類存在します。

 

「単利」と「複利」です。ほとんどの方が聞いたことがないかもしれませんが、お金を借りるうえでこの単利と複利の違いを理解しているのとしていないのでは、大きく違ってきます。

 

この単利と複利を利用する場合は、数年のローンやしばらくお金を預けておきたい場合の定期預金などでその意味を発揮します。ですから、お金で損をしないためにもお金で得をするためにもこの2つの違いをしっかり覚えておく必要があります。

 

どちらか選べるのであれば、貯金関係は複利。借金関係は単利を選ぶことがお金で損をしない選択になります。

 

 単利と複利の利子の増え方の違い
では、その理由を説明するにあたってまずはわかりやすい単利から説明します。単利とは簡単に言ってしまえば、借りているや預けている金額にしか利息が付きません。100万の借金や預金ならばその100万円に年利何%と言うような計算方法になります。

 

例えば、100万円で年利10%ならば1年間で10万円の利子が付きます。1年経った場合は、110万円です。2年ならば100万円の10%ですから、合計20万円の利子が付くと言うことになります。

 

同じように3年経ったとしても100万円の10%ですから、1年間で10万円の3年間になりますので合計30万円の利子になり、130万円になります。

 

 

その反対に複利は、付いた利子にも金利が付きます。100万円で年利10%ならば1年間で10万円の利子が付きます。1年経った場合は合計110万円です。この時点では複利も単利も変わりません。

 

しかし、2年目の利息の計算方法から複利と単利では計算方法が大きく違ってきます。単利では、2年目の金利も10万円になり、1年目との合計が120万円でした。ですが複利は、1年目の利子と元金の合計110万円に金利が付くのです。

 

複利の2年目は、1年目の利子と金利の合計110万円に10%の金利がかかります。ですから、複利で2年経った場合の利子は、110万×10%になり、121万円になるのです。

 

 

この時点で複利と単利では、1万円の差が出てしまうのです。たった1万円と思うかもしれませんが、そんなことはありません。この差がとてつもない複利と単利の差になるのです。

 

今回はわかりやすく説明するために100万円と言う金額で説明しましたが、この金額が大きくなればなるほど単利と複利の差はでますし、年月を重ねる程凄まじい利息になるのが、複利になるのです。

 

例えば、あなたが1000万円の金額を年利5%で預金したとします。その推移を単利と複利で比較してみましょう。

 

 

複利と単利ではこれだけの差が出てしまいます。このように利子が雪だるま式に増えていくことから複利のことを重利(じゅうり)とも呼びます。

 

また、複利に関して言えばあのアインシュタインが「複利は人類最大の発見」と発言した説もあります。複利と言うのは偉大で驚異の威力があると言うことがこの言葉からもわかります。

 

 複利の72の法則の詳しい解説
72の法則は、複利のとき、預けた(または借りた)金額が何年(または何か月)で元の2倍になるかを概算する方法になります。簡単に言ってしまえば、複利で運用した際にこの72と言う数字を利用することによって簡単に計算できると言うことになります。

 

その72と言う数字を使い72÷利率(%)でほぼ正しい期数になります。例えば、年利5%の定期預金に預けた場合何年で2倍になるのかと言う問題では、計算方法は以下になります。

 

72÷5=14.4年

 

になります。また逆に、72を期数で割った値がほぼ正しくその期数で2倍になる利率を求めることができます。上記の場合ですと計算方法は以下になり、

 

72÷14.4=5%

 

になります。

 

他にも5年で2倍になる利率を求める場合は、計算方法は72÷5になりますので、

 

72÷5=14.4%

 

になります。ですから、このことから5年で預けた金額が倍になる利率は14.4%だと言うことがわかります。

 

 借金で借り換えをする際の注意点
単利で借金をしている人が注意しなければならないのが、単利で借りていた借金を借り換えると言うことになります。単利で借金をしていたのならば、そのまま借りていれば単利のままかもしれませんが、借り換えをしてしまえば、その時点で事実上の複利になってしまいます。

 

一時的ではありますが、複利になってしまいますので、借金をしている場面では損と言うことがわかります。ですから、借り換えをする場合はそこの部分を注視しなければなりませんし、理解しておく必要があります。

 

借金の借り換えを何度も繰り返してしまいますと、金利分損をしてしまいますし、借金の額が結果的に増えてしまうと言うことになりかねません。

 

そのような複利を利用して借り換えを悪用する業者も存在します。その手口としては、返済期日になると元金と利子の合計金額を他の会社から借金させて返済させる方法や、金利1%を安くするから一回返済してまた借りさせると言う方法になります。

 

一見、単利に見えるのですが、借り換えをすることによって事実上の複利になってしまいます。ですから、金利が1%安くなると思って借り換えをしても実質上の支払額は減っていないどころか増えてしまうこともあるのです。

 

最悪の場合には毎月のように業者間で借換のたらい回しにされ、多重債務に陥るケースなども存在します。そのようなことで自己破産や債務整理をしてしまうと言うことになってしまうのです。

 

今の世の中は知らなかったでは済まされません。このように金利をうまく使って悪用したとしても悪用されているなんてことに気づかない場合も存在します。

 

お金はとても怖い存在です。お金でトラブルになってしまえば、家族や友人関係ですら壊れてしまう可能性は十分あります。ですから、お金に関することは真剣に考える必要があります。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク






関連ページ

家族や会社に内緒に借金返済の問題を簡単に解決する6つの方法
お金の怖さから自分を守るための思考とは
借金をすることがすべて悪いことではない:先行投資はいい借金
クレジットカードで買い物をする事は借金をしている事と同じ
リボ払いの大きな罠:なぜ、あなたのリボ払いは終わらないのか
金額の総額が増えれば1円の価値が下がって感じてしまう
参考基準点をが上がれば生活水準を下げることはとても難しい
自己破産している人の10%が連帯保証人になった事が原因
お金はいけない事だと言うことを考え直す
お金を借りる際の金利の仕組みを理解して損をしない思考になる
現実は昔と比べて給料は下がっている事を実感しなければならない
最低賃金は上がっているのに平均年収の割合は下がっている理由
ついついお金を使ってしまう無駄使い思考を変える方法
共働きのほうが住宅ローンで破産してしまう確率が高い理由
消費者金融を利用している人間の割合とその驚愕の理由とは
借金をしてしまう根本的な理由と打開策
おまとめローンの罠とは:借金をまとめる際に金融業者が得をする
損する返済とは:元金均等返済と元利均等返済の違いを理解する
無駄なお金を使ってしまう理由をプロスペクト理論から考える
生活費が足りなくて借金をしてしまう原因は自分にある
美味しい話には必ず裏があるオレオレ詐欺に合わないために
安いものには必ず裏がある:ペニーオークションの真実
利潤率の低下の法則:詐欺に騙されないために美味しい話の真相

HOME プロフィール はじめに お問い合わせ