確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

確率で表現できないのならばわからないことが多い

 

確率は私たち生活においてとても便利な表現の仕方です。確率が何パーセントと言えば多くの方がどれくらいなのかがわかりますし、目安にすることができます。

 

私たちがよく目にする天気予報でも、確率を使って私たちにわかりやすく天気を伝えています。雨が降る確率が70%と言えば多くの方が傘が必要だとわかりますし、雨の降る確率が0%ならば傘がいらないことがわかります。

 

そして天気は、割合こそわかりませんがほとんどを確率で表現することができます。確かに、雪の割合や台風の割合は、全体の割合からみても少ないかもしれませんが、確率で表すことは可能です。

 

しかし、天気予報でも例外は存在するかもしれません。

 

 わからないことはわからない
例えば、隕石が降ってくる確率、宇宙人が訪れる確率などはわかならいです。隕石が降る確率ならば何とか表現することが可能かもしれませんが、宇宙人がUFOに乗ってくる確率はわかりません。

 

宇宙人が来る確率は天気予報の担当ではないかもしません。結局このようなことはわかりませんし、どのように表現すればいいのかわからないのです。

 

例え、過去に宇宙人が来たデータを利用したとしても正確な確率による表現をすることは難しいですし、信ぴょう性にかけるデータになってしまいます。宇宙人が地球に来ることなど、結局は宇宙人の気の持ちようです。

 

そのことは、宇宙人に聞いてみないとわかりませんし、私たちにはどうすることもできませんし、大人しく、いつ来るかわからない宇宙人を待つしかないのです。

 

もしも、宇宙人にあった人がいるとしてもそれはたまたまですし、たまたま宇宙人が訪れたところにその人がいただけなのです。しかし、宇宙人にあったことのある人の割合はとても低いものですし、宝くじを当てる人よりも少ないかもしれません。

 

 結果的によく当たっているに過ぎない
宝くじと言う表現をすれば、ほとんどの方が「少ない確率」や「ほとんど当たらない確率」と認識することができます。そのくらい宝くじとは当たる確率が低いです。そのくらい宝くじは、現実的な数字ではないのかもしれません。

 

確かに、宝くじを当てる人は限られていますし、とても少ないです。しかし、当たっている人はいますし、いくら確率が低くても当たらないと言うことではありません。しかし、よく「この販売店では宝くじを当てる人が多い」などと聞きますが、実際はどうでしょうか。

 

たまたまそこで買った人が当たっただけではないですか。そこの販売店がすごいのではなく、そこの販売店で宝くじを買った人がたまたま当たっただけではないでしょうか。ましてや、東京ならば人口も多いですし、購入する人も多いです。

 

購入する人が多ければそのたまたま当たった人の数も多くなるのは誰でもわかることです。確かに、このようなことを言ってしまっては夢がないかもしれません。しかし、そこの販売店でなくても宝くじは当たります。確率的にはどこの販売店で買っても変わりませんし、変わるはずはありません。

 

 少ない事例は確率で表現してもわからない
結局、私が何を言いたいのかと言いますと、確率で表現できないことはわからないのです。雷が落ちる確率はわかるかもしれません。しかし、雷がいつどこに落ちる確率は求めれば一応確率的には表現できるかもしれませんが、結局のところはわかりません。

 

宝くじがどこで当たるかなど、起こってみなければわかりません。しかし、確かに言えることは、購入した人が多い、購入数が多い販売店が一番当たる販売店になる確率は高いと言うことです

 

この場合では別にそこの販売店がすごいと言うわけではなく、そこの販売店で購入した方が多かったと言うだけです。わざわざその販売店購入したみなさんがすごいと言うだけです。

 

確率でもわからないことはたくさんあります。ほとんど起こらないようなことは確率で表現できたとしてもほとんど意味のない確率なのです。

 

ですから、確率でわからないことはわからないのであれば、わかるためにはどのように考えればいいのか。このことを考えられること、このことを考えて実行できることが、現実においてわからないことをわかるようになるための確率思考の唯一の方法なのかもしれません。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ