確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

確率の基本的な収束の意味を理解する

 

小学生の算数で確率を学び、当たり前になっている確率ですが、その意味を大人になっているのにも関わらず、はき違えている人達がいます。

 

「収束」と言う言葉と意味を習ったはずですが、多くの方がこの意味を理解していません。

 

 結束させることの意味
確率は結束して初めて意味がありますし、収束させてからこそ確率として成り立つのです。しかし、このことを本当に理解している方はなかなかいません。

 

例えば、サイコロの確率を結束させるのには、回数を重ねなければなりませんし回数を重ねなければ確率は結束しません。10回などの回数ではサイコロの確率を正確に測ることはできないのです。

 

そして、サイコロの確率は、1/6と言うことを誰もが知っていますが、そのことを実践して証明するためには100回や1000回などと言った風に回数を重ねて検証していき、確率を収束させなければ信ぴょう性のあるデータは取れません。

 

しかし、多くの方がこのことを知っているのにも関わらず、理解はしていません。実際に、何かの確率を求めるときやその確率通りに実行する際に、このように100回や1000回などと回数を重ねていき、確率を収束させようとはしないのです。

 

すぐに確率通りにならないと諦めてしまいます。しかし、すぐに諦めてしまっては確率通りになることはありませんし、当たり前なのです。

 

例えば、確率が1万分の1の宝くじがあるとします。しかし、1万回行って1回当たるかどうかの確率ですから、100回や1000回その宝くじを引いたところで当たらなくて当たり前なのです。
 
ですが、多くの方が「当たらない」と文句を言って宝くじにケチをつけます。正直、そのことは間違っていますし、それでは宝くじを当てることはできないでしょう。

 

ですから、宝くじの確率が1万分の1でその宝くじを当てたいのならば、1万回宝くじ引くことを前提に考えなければなりません。そうでなければ宝くじを当てることはできません。

 

よく「運があれば当たる」「引きがあれば当たる」このようなことを言う人もいますが、確率論いおいて自分がいかに愚かなことを言っているのかと言うことを認識しなければなりません。そのようなことを言っているから実際に宝くじを当てることができないのです。

 

 収束させられない場合
宝くじを運と言う不確定要素で当てれない場合で、1万回も宝くじを引くことができないのならばどうするのか説明しますと、最初からやらないことです。最低限で確率の分母通りの回数を実際に行えないのならば最初からそのことをしてはいけません。

 

そのことを知らないがために余計なお金を使ってしまい、無駄な損失を出してしまうのです。賢い人はそのことを理解して、分母通りに自分ができないことは最初からしないのです。その結果、最終的には何もしないほうが損をしないのです。

 

損をしないが得もしないことが私たちが意図的にコントロールできる中で最高の形だと言うことを理解する必要があります。運はコントロールできません。だから運なのです。

 

しかし、運によって勝つことはコントロールできませんが、負けること、負ける金額はコントロールできます。宝くじにおいて私たちが唯一できることが、負ける金額を減らすことなのです。

 

私たちにできることをする必要がありますし、私たちには私たちにできることしかできないのです。

 

宝くじは使った金額の半分の額しか自分に返ってこない仕組みです。もし、この割合が宝くじのように50%ではなく、100%以上ならば積極的にお金を使うべきですが、今の日本の宝くじの現状はお金を使えば使うだけ損をしてしまいます。

 

夢がないかもしれませんが、これが現実ですし、現実的に考えてあなたに無駄な損失を出さずにお金を最大限に保有していただくには、最善の方法なのです。

 

ですから、このようなことからもわかるように確率は結束させなければ確率通りにならないことを再認識して、正しい確率の本当の意味を理解していただきたいです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ