確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

学校で習った確率はあなたの人生には役に立たない

 

確率と言う言葉を聞くとあなたはどのようなイメージを持ちますでしょうか。確率と聞くと、多くの方がくじ引きの当たりの確率やサイコロを投げた際の確率などを思い浮かべると思います。

 

また、そのほかには学校で習った算数や数学などのことを想像する人もいるかもしれません。ですが、そのような確率を勉強したところで、何の役にも立ちませんし、サイコロの確率が1/6だと言うことは誰でもわかることです。

 

 学校で習った確率は役に立たない
今更そのようなことを学んだところで、あなたのこの先の人生や今生きている社会では無力なのです。仮に唯一役に立つことがあるとするのならば、受験勉強やテストだけです。

 

学生ならばまだ、そのようなことは役に立つかもしれませんが、社会に出て働きますと受験やテストなどありません。このように、確率を勉強しても意味がないのです。

 

ですから、私たちは社会やこれからの人生において役に立つ確率を勉強しなければなりませんし、学ばなければならないのです。しかし、今更サイコロの確率の求め方などを勉強すると言うわけではありません。

 

この先の人生において役に立つ確率と言うのは、「思考」です。言い方を変えれば、考え方です。物事には適切な考え方がありますが、確率的思考になることによって、そのようなさまざまな場面において正しい選択をすることができるのです。

 

しかし、そのような確率思考は学校では教えてはくれません。教えてくれるものがなかったのです。そのようなことから私はこのサイトを作りましたし、多くの方に確率思考を無料で学んでほしいと思ったのです。

 

 正しい確率の認識
あなたが思っている以上に確率と言うのは、難しく私たちが思っていることと現実には大きなギャップが存在します。

 

例えば、確率が1/100の宝くじがあるとするのならば、あなたは100回に1回は当たりがある思います。ですがそれは、正解であり間違いなのです。おそらくあなたは100回宝くじを引けば大当たりがでるはずだと思っています。

 

ですが、確率が1/100だからと言っても、100回宝くじを引けば大当たりが出ると言うわけではないのです。1/100の確率でも大当たりを引くのに、200回、300回の回数を引くことは当たり前のことになります。

 

おそらく多くの方がそのようなことを想像もしていないと思いますし、多くの方がこのことをしりません。ちなみに、1/100の確率を100回引くまでに大当たりを引く確率は、約63%です。

 

確率的な思考ができ、このことをしっている人ならば100回宝くじを引いたとしても別に同様することはありません。しかし、このことを知らずに100回引けば大当たりが当たると思っている人はどうでしょうか。

 

動揺してしまうのです。自分の思っていることと、実際の確率のギャップを埋められることができずに、正しい判断をすることができずに、思考が停止してしまうのです。

 

それでは、正しい選択をすることはできませんし、確率は同じなのにも関わらず損をしてしまいかねないのです。

 

このようなことからも確率を正しく理解し、正しい確率思考になることはとても重要なことですし、あなたのこれからの人生において、一生の財産になるのです。

 

また、確率と言うのはときには残酷なものです。確率が低いからと言っても必ずそのことが起こらないと言うわけではありません。このように確率は、1/100と言うように数字で表すことができます。

 

しかし、その表面上の確率と言う数字だけにとらわれてしまってはいけないのです。その数字に隠された「本質」をしる必要があるのです。その本質こそ、「確率思考」ですし、私たちの生活であなたが損をしないために思考であり、あなた一生において得をするための財産なのです。

 


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ