確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

▽確率の基本

気軽に使っている確実と言う言葉の本当の意味について

気軽に使っている確実と言う言葉の本当の意味について確率的な出来事に対して「確実」、「絶対」と言う言葉を使うことに、多くの方が間違った認識をしています。例えばあなたは、「次は確実に確変になる」、「もう絶対に大当たりを引くことはない」と「確実」、「絶対」と言う言葉をこの例に限らず使われると思います。しか...

≫続きを読む

必要試行回数とは:確率が結束して信頼性を得る回数について

必要試行回数とは:確率が収束して信頼性を得る回数について確率は回数を重ねることによって、収束し信ぴょう性が増します。そのためには、収束させるために多くの回数を行わなければなりません。その際の信頼性のある確率を求めるためには、どのくらいの回数を検証すればいいのかを説明します。 収束に必要な回数とは簡単...

≫続きを読む

樹形図を書くことによって確率を明確に見える化する

樹形図を書くことによって確率を明確に見える化する確率を求める際に「樹形図(じゅけいず)」と言うものが存在します。この樹形図を使えば確率を求める際に簡単に求めることができますし、視覚的にもとてもわかりやすく確率を理解することができます。樹形図は、小学生で習いましたが確率を考えるうえでとても重要なことに...

≫続きを読む

樹形図ではわかりにくい確率をわかりやすく見える化する方法

樹形図ではわかりにくい確率をわかりやすく見える化する方法確率を求める際に、その経緯やわからないことを樹形図によって見える化できます。見える化とは、何もわからない状況において物事を考えるうえでシンプルに考えるための方法です。例えば、コイントスを2枚で行う場合の確率の樹形図はこのようになります。このよう...

≫続きを読む

集合を図式化して見える化するベン図の書き方

集合を図式化して見える化するベン図の書き方グループやあるものの集まりを「集合」と言います。その集合の問題を簡単に見える化する方法に「ベン図」と言うものが存在します。簡単に説明してしまえば、ベン図とは集合をわかりやすく図式化したものになります。ベン図は、グループや集合の中から与えられた条件に合う人数や...

≫続きを読む

コイントスなどでどちらかが連続で続く確率の求め方と解説

コイントスなどでどちらかが連続で続く確率の求め方と解説連続で続く確率については、意外にも知られていませんし、求め方について詳しく解説しているサイトも少なすぎるために理解していない人も多いと思います。そこで、連続で続く確率とは一体何か。また、どのような概念なのかを解説します。 連続で続く確率とは確率に...

≫続きを読む

確率の基本的な収束の意味を理解する

確率の基本的な収束の意味を理解する小学生の算数で確率を学び、当たり前になっている確率ですが、その意味を大人になっているのにも関わらず、はき違えている人達がいます。「収束」と言う言葉と意味を習ったはずですが、多くの方がこの意味を理解していません。 結束させることの意味確率は結束して初めて意味があります...

≫続きを読む

独立事象とは:その1回1回が唯一無二の存在

独立事象とは:その1回1回が唯一無二の存在確率において、「確率論的独立性」と言うものが存在します。また、独立事象と言ったほうがわかりやすいかと思われます。独立事象とは簡単に言ってしまえば、確率は毎回同じになり、前回の事象(出来事)は次の出来事に関係がなく、唯一無二の存在だと言うことになります。確率の...

≫続きを読む

確率で表現できないのならばわからないことが多い

確率で表現できないのならばわからないことが多い確率は私たち生活においてとても便利な表現の仕方です。確率が何パーセントと言えば多くの方がどれくらいなのかがわかりますし、目安にすることができます。私たちがよく目にする天気予報でも、確率を使って私たちにわかりやすく天気を伝えています。雨が降る確率が70%と...

≫続きを読む

学校で習った確率はあなたの人生には役に立たない

学校で習った確率はあなたの人生には役に立たない確率と言う言葉を聞くとあなたはどのようなイメージを持ちますでしょうか。確率と聞くと、多くの方がくじ引きの当たりの確率やサイコロを投げた際の確率などを思い浮かべると思います。また、そのほかには学校で習った算数や数学などのことを想像する人もいるかもしれません...

≫続きを読む

完全なランダムな確率を表現することは難しい

現実的に完全なランダムな確率を表現することは難しいランダムに物事は起こりえます。ランダムに起こり得るから確率は予想することができませんし、難しいのです。例えば、サイコロを転がしたとしても次に何の目が出るかはわかりません。その際に私たちにわかることは、1/6の確率だと言うことだけです。次に1が出るかも...

≫続きを読む

平均や偏差値を参考にすることが客観的に判断できる

平均や偏差値を参考にすることが客観的に判断できる確率はランダムに起こりえます、ですから次に何が起こるかわかりませんし、予想することができないのです。しかし、平均を求めたり偏差値を求めることによって、客観的に物事を判断することはできます。確率がわからないと言ってデタラメに物事を判断してしまっては、確率...

≫続きを読む


HOME プロフィール はじめに お問い合わせ