確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

ライフワーク・バランスを充実させる為には働いてお金がいる

 

ライフワーク・バランスと言う言葉を聞くようになりました。ライフワーク・バランスとは、その名の通り仕事とプライベートの割合のことになります。近年ではブラック企業や過度な残業が叩かれる時代になりました。

 

また、ブラック企業の反対の言葉で仕事がそこまで厳しくないけれどお金は良くない企業のことを「ホワイト企業」とも呼ばれるようになりました。

 

また、近年の若者はプライベートを充実させたいと言う理由から仕事をすることを嫌がり、ブラック企業よりもこのホワイト企業を優先する傾向が多いです。

 

プライベートを充実させたいと思うことは誰でも思うことですが、果たして本当に仕事をたくさんしなくてもプライベートを充実させることができるのでしょうか。

 

あなたのライフワーク・バランスにおいてプライベートを充実させると言うのは、お金はないけれど働かなければいいと言うわけですか?

 

それならばそれはそれでそのまま仕事を最低限行えばいいと思いますし、本人の考え方なのでそれは仕方がないことかもしれません。

 

 本当にプライベートを充実させるには
ですが、仕事を頑張ってたくさんお金を稼いだうえで、自分の趣味や車であり家などにお金をかけプライベートを楽しみたいと思う人もいるはずです。そのような人は、働けるうちに働きその後の人生を豊かにする必要があるのです。

 

若いうちに努力しなければ出世もできませんし、起業して社長になり年収を1000万円以上にすると言うこともできないのです。プライベートを充実させるためにはたくさんのお金を短時間で稼がなければいけません。

 

時間は有限であり限られています。また、あなたの若さと言うのも限られているのです。その若いうちに努力しなければその後の人生において努力できません。今努力できない人は今後努力できるはずがないのです。

 

プライベートを充実させるうえでも人生においてもお金はあって損はないです。ですから、若いうちに努力し人生単位でライフワーク・バランスを考える必要があるのです。

 

毎日仕事を定時に切り上げ、お金がないプライベートを充実させるのではなく、若いうちにたくさん残業や仕事をして努力し、その後の人生でプライベートを充実させるのです。

 

これが、毎日ライフワーク・バランスを考えることと人生単位でライフワーク・バランスを考える違いになります。人生単位でライフワーク・バランスを考えると言うことは、若いうちにたくさん働いて出世したり起業したりすることになります。

 

 若いうちに努力するほうが得
若いうちに努力して出世や企業して成功できれば、毎日ライフワーク・バランスを考え働いてきた人と年収の差は歴然ですし、その後の人生のプライベートの充実感は比べものにならないものになります。

 

若いうちにたくさん残業や仕事をすれば、同然プライベートの時間は何もしない人よりも少なくなってしまいます。しかし、人生でトータルで考えたときの生涯賃金は若いうちに努力して成功できた人のほうが高いです。

 

結局は、プライベートを充実させるためにはお金が必要ですし、そのお金を短時間で稼ぐための力を若いうちに養わなければいけないのです。最初は収入の割に労働時間が少ないかもしれませんが、頑張れば少ない労働時間でお金をたくさん稼ぐことができます。

 

起業して成功すれば年収1000万円以上など、そこまで難しくはありません。そうすればライフワーク・バランスが適切だと言えますし、あなたのプライベートはとても充実したものになるのです。

 

上記のことを踏まえたうえで、それでも毎日プライベートの時間を優先したいと思う人がいるかもしれません。ですが、それではあなたが損をしてしまうことを説明します。

 

仕事を定時で上がり毎日プライベートを優先するようなライフワーク・バランスでは、仕事をする時間が限られてしまいます。確かに、無駄な残業をする意味はありませんが、質の高い労働であれば長くても問題はありません。

 

むしろ、普通の人よりもたくさん仕事をする時間があるのですから、その経験値であり得るものは大きいです。

 

 最初はお金がかかるし効率も悪い
仕事をし始めて数年間と言うのは仕事に慣れたばかりです。会社からすれば仕事ができない人に仕事を教えるのですから、そこには人件費やさまざまな費用がかかります。

 

新人を教育することは、企業からしてみればお金を払っているのです。新人がやっと教育段階を終えてから仕事をし、その仕事が起業に還元されるようになるには約3年かかります。

 

その3年未満で新人が仕事を辞めてしまえば、企業は赤字になってしまうのです。仕事に限らず何事も最初は効率が悪いものです。効率と言うのは時間とともに徐々に良くなっていくものなのです。

 


ですから、ライフワーク・バランスを考えれば若いうちに仕事を頑張りその効率の悪い時期を早く突破することができれば、頑張って仕事をしていない人よりも早く出世できますし、早く仕事で結果を出せるのです。

 

そうすれば、当然収入も上がりますので、結果的にプライベートを充実させることができるのです。ですが、プライベートを充実させることを若いうちから重視し、あまり残業などをしなかったらどうでしょうか。

 

年齢を重ねても仕事もそこそこになってしまい、結局プライベートもそこそこになり中途半端になってしまうのです。それでは幸せになれないでしょう。ましてや、平均年収も昔よりも下がってきています。そのような時代の中、仕事をしないと言うことは生きることができないのです。

 

 アリとキリギリスの話でキリギリスはどうなったのか
あなたはアリとキリギリスの話を覚えていますでしょうか。アリは冬に向けて必死に働き蓄えを備えました。一方キリギリスは、アリを馬鹿にして夏の間遊んでばかりいました。

 

その結果、アリは冬を乗り越えることができましたが、キリギリスは結局冬を乗り越えることができませんでした。この話ではキリギリスはアリに助けて貰うことができましたが、私たちの現実ではどうでしょうか。

 

若いうちにライフワーク・バランスを考えて必死に働いていた人は、年齢を重ねてもそれなりの地位に就くことができ、充実した家庭でありプライベートを満喫することができます。

 

しかし、反対にライフワーク・バランスを考えず仕事をしなかった人は、年と取っても仕事ができず年収もそこまでもらえないでしょう。結局プライベートを充実させることもできずに、結婚などもできないかもしれません。

 

アリとキリギリスの話では、結局はアリがキリギリスを助けましたが、現実ではそんなことはありません。あなたの友人が若いうちに努力をして将来年収1000万円以上になったとしても、年収300万円のままのあなたを救ってくれることはないのです。

 

あなたを救えるのはあなたしかいませんし、他人でも家族でもありません。国も救ってはくれませんし、会社もあなたを救ってはくれません。いざとなった時に誰も救ってはくれることはないのです。

 

ですから、一時しかない人生を後悔しないためにも、一度しかない人生を充実させるためにもライフワーク・バランスを考え、若いうちに努力をして将来お金を稼ぐ力であり、将来プライベートを充実させるための蓄えをアリとキリギリスの話のアリのように備えなければならないのです。


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ