確率思考への転換−FXトレーダーが教える確率思考

コイントスの表と裏を意図的にコントロールする驚きの方法とは

 

コイントスの確率は誰でもわかります。50%です。なぜなら、コインには表と裏しか存在しないからです。そのコインを投げ落ちたときの確率は1/2です。

 

しかし、そのコイン投げを意図的にコントロールすることは想像したことはありませんでしょうか。

 

 

例えば、機械によって投げる角度や投げる力、投げた際のコインの回転数などを正確に再現できるとするのならば、コイントスのコインの表の裏を狙って出せるとしたら、あなたは現実的に考えて可能だと思いますか?

 

答えは、可能です。

 

このことからもコイントスの表と裏が決まる要因は、人間の力は毎回違うためにコインが毎回同じに投げることができないからと言うことになります。

 

ですから、このコイントスを行う際の力を毎回同じにすることができるのならば、コイントスの表と裏を私たち人間もコントロールできると言うことです。

 

 コイントスを有効に使うことはできるか
コイントスによって先攻後攻を決めるスポーツなどでは、このようなコイントスを完璧に行って自分たちを有利にすることは可能です。しかし、コインを努力をして例えコントロールできたとしてもそれだけのことをする必要性は実際あるのでしょうか。

 

このコイントスを意図的にコントロールすると言うことは理論上は可能ですし、あり得ない事ではありません。しかし、スポーツのようなコイントスでは、1回しか行いませんし、その毎回を同じ力で投げることは、私たち人間がすることはとても難しい行為です。
 
ですから、そのようなことをする時間があるのならば、そのスポーツのことを考え、そのスポーツで日々ベストパフォーマンスを行えるようにするほうが自分たちのためになる私は思います。

 

実際に、スポーツにおけるコイントスの表と裏によって勝敗に左右するのかどうかですが、正直関係がない場合がほとんどなのです。

 

サッカーでは、試合を始める際に先攻後攻を決めます。この際は、どちらになろうともそこまで関係はありません。また、PK線などでは、先攻は有利ですが、それは、先攻でゴールを決めた際だけに限られます。

 

その際のプレッシャーは計りしれないものであり、先攻が外してしまった場合は、逆に後攻が有利になってしまうのです。ですから、理論上は先攻が有利ですが、そこにはさまざまな要因がありますので、そこまでコイントスを気にする必要はないと考えられます。

 

また、アメリカンフットボールの優勝決定戦「スーパーボウル」においては、コイントスで負けたチームのほうが優勝する確率が高いと言うデータもあります。ですから、スポーツにおいてコイントスは勝敗には直接関係しないと考えられます。

 

コイントスで勝敗が決定してしまうのであれば、その時点でフェアではありません。スポーツはフェアに戦うことで意味がありますし、成り立っていることを再認識することができます。

 


海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が将来1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。




スポンサードリンク







HOME プロフィール はじめに お問い合わせ