逆指値注文とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)について説明します。

 

難しい言葉ですが、とても重要なのでがんばって覚えましょう。

 

逆指値の新規注文の使い方としては、まさに指値注文(さしねちゅうもん)の逆になります。

先に指値注文について理解したほうがわかりやすいので、

わからない方は先に勉強してきていただきたいです。

 

指値注文についてはこちら

 

根本的な部分の”指定したレートでトレードする”このところは、

指値注文と同じなのですが、

その注文するポイントが指値注文と違います

 

”指値の逆”このように例えられてもわからないと思いますので、説明します。

逆指値ロング

ロングでトレードすると考えてください。

FXのトレードの基本としては「レートが上昇していたらそのまま上昇する」

このように考えるのが基本的な考えなのですが、

そこで使う注文方法が”逆指値注文”なのです。

 

まず新規注文の方法から説明していきます。

今のレートは、○の100円になります。

 

そこで「まだこのまま上昇するかわからない」

このように思うのですが、前回の高値の□の101円を超えたら、

「そのまま上がり続けるだろう」と考えます。

 

そこで、101円を超えたところ☆の101.1円のポイントで、

”逆指値注文”を出しておくのです。

 

そうすれば、相場が見られなくても☆の101.1円になれば、

約定してロングのポジションを保有できます。

 

新規注文での”指値と逆指値”の違いは、ロングの場合は以下になります。

 ・指値は今現在よりレートが下がったら注文

 ・逆指値は、今現在よりレートが上がったら注文

 

そして、ショートの場合は以下になります。

 ・指値は今現在よりレートが上がったら注文

 ・逆指値は今現在よりレートが下がったら注文

 

このような違いがあります。

 

次は、ポジションを保有してからの逆指値注文の説明をしていきます。

保有したポジションを逆指値注文で決済をするのですが、

そこを詳しく説明します。

逆指値損切

 

今、○で新規注文し、そのポジションを保有して□のところです。

 

「このまま上がる」と予想します。

 

ですが、そう簡単に想い通りに相場は、動いてくれません。

 

自分の思った方向とは、逆にレートが動いてしまったときのために、

損失をあまり大きくしないために☆のところで”損切り”という決済をします。

 

ですので、自分のあらかじめ決めたところに逆指値注文をいれて損切りします。

このことから逆指値注文は、ストップ注文または、損切り注文と呼ばれます。

 

損切り(そんぎり)とは、聞こえは悪いですがFXにおいてとても重要なことですし、

勝てるトレーダーになるには、絶対にできるようにならなくてはいけません。

 

ポジションを保有している時の指値注文と逆指値注文の違いは、

指値は利益確定するのに使い、逆指値は損切りするのに使います。

ポジションを保有してからの使い方は、

ロングでもショートでも同じですのでよく覚えていてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク