移動平均線のグランビルの法則:今すぐできるトレード戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

移動平均線でトレードする方も多いと思われますが、

移動平均線でトレードする際にぜひ覚えていただきたいのが、

「グランビルの法則」になります。

 

いきなり「グランビルの法則」なんて言われてもものすごく難しそうですよね。

ですが、その心配にはおよびません。

 

とてもわかりやすく簡単な法則ですよ。

 

 

みなさんもグランビルの法則をぜひ覚えてトレードしてみてください。

もちろん初めて行う手法はデモトレードなどで十分な検証を行ってから、

リアルトレードをしてください。

 

 

では、グランビルの法則について説明します。

 

グランビルの法則とは、

アメリカで有名な投資家の”ジョセフ・E・グランビル”と言う人が考案した法則です。

どのような法則なのかと言いますと、

移動平均線を利用したチャートの分析になります。

 

 

そしてグランビルの法則には、

8つの法則つまり8つの売買のパターンがあります。

 

 

グランビルの法則の8つの売買ポイントを説明します。

下の図をご覧ください。

ローソク足 黒線 移動平均線 赤線

グランビル8

 

これが、グランビルの法則の8つの売買のポイントになります。

 

パターン的には4種類ですが、

それがロングまたは、ショートの2通りあるために、

全部で8パターンとなります。

 

 

 

まず”ロングの4種類”から説明していきます。

 

 

グランビル1

移動平均線が、下降を続けた後、

横ばいになり、移動平均線をローソク足が下から上に突き抜けた際に、

上昇トレンドに転換したと考えロングします。

 

グランビル2

移動平均線が上昇しているときに、

ローソク足が移動平均線を下回りその後反発して、

また上昇して移動平均線を突き抜けたらロングします。

グランビル3

上昇している移動平均線の上で、レートが下がったけれども

移動平均線に触れずに反発して、上昇したらロングします。

グランビル4

移動平均線が、下降していてレートが移動平均線を下回り

大幅に乖離(かいり)している時にロングします。

 

 

 

以上が、グランビルの法則のロングの場合の4つのパターンになります。

 

次は、ショートの4パターンについて説明します。

グランビルs1

移動平均線が、上昇を続けた後、

横ばいになり、移動平均線をローソク足が上から下に突き抜けた際に、

下降トレンドに転換したと考えショートします。

グランビルs2

移動平均線が下降しているときに、

ローソク足が移動平均線を上回りその後反発して、

また下降して移動平均線を突き抜けたらショートします。

グランビルs3

下昇している移動平均線の下で、レートが下がったけれども

移動平均線に触れずに反発して、下昇したらショートします。

グランビルs4

移動平均線が、上降していてレートが移動平均線を上回り、

大幅に乖離(かいり)しているときにショートします。

 

 

以上が、ショートの4つのパターンになります。

 

 

これが、グランビルの法則の基本の8つのパターンになります。

 

 

 

そして、特に移動平均線に指定はないのですが、

私は、移動平均線は20EMAをお勧めします。

20EMAは、最強の移動平均線です。

 

 

20EMAについてはこちら

 

 

 

そして、グランビルの法則が提唱されたのは、

1960年頃になります。

 

すでに50年以上も月日が流れてしまっています。

みなさんの中には、

「そんなに古くて大丈夫?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、

決してそんなことはございません。

 

 

結局、相場を動かしているのは人間の心理です。

 

人間の心理は50年や100年では、

変わりませんので安心してくださいw

 

 

そう簡単に人間は変れる生きものではありません。

 

確かに技術などは進歩し、

生活も豊かになったのかもしれません。

 

しかし、人間の中身などそう簡単に変われませんし、

変れやしないのです。

 

 

ですから、グランビルの法則は今現在でも十分に通用しますし、

世界中のトレーダーに愛されています。

 

世界中のトレーダーがこのグランビルの法則を知っています。

知らないトレーダーの方が、少ないでしょう。

 

 

でしたら、あなたも当然ながらグランビルの法則をしらなければなりませんし、

あなたも世界中のトレーダーと同じ心理にならなければいけないのです。

グランビルの法則のトレード方法

 

そして、グランビルの法則でトレンドフォローの順張りでエントリーするには、3つのパターンがあります。まずは、下の図をご覧ください。

 

グランビルおしめ

1.移動平均線がサポートラインの役割して、

移動平均線に支えられて反発してトレンドを継続するパターン。

グランビルおしめ2

2.移動平均線の上で押し目が移動平均線まで戻らずに

反発して上昇トレンドを継続するパターン。

グランビルおしめ3

3.トレンドの押し目が移動平均線を一度は下回るのですが、

すぐに反発しトレンドを継続するパターン。

 

 

 

この3つのパターンがあります。

 

 

この3つのパターンで気を付けなければならないポイントが、

反発したところを確認しないと、

どのパターンかわからないのです。

 

確かに移動平均線は、サポートラインになる場合もありますが、

毎回サポートラインになって支えてくれるわけではありません。

 

レジスタンスラインも同様に毎回レートを押さえてくれるかわからないのです。

 

 

ですから、反発したところを”確認して”エントリーしていただきたいのです。

 

そうすればどこで反発するかは、考えなくて済みますし、

確率もこちらのほうが高いのです。

 

 

「ここで反発するだろう」と指値でエントリーしたとしても、

相場は私たちの思惑通りに動いてはくれません。

ですから、私たちが相場に合わせてトレードしなければならないのです。

 

 

反発するところを狙うのではなく、

反発したところを狙うのです。

 

 

では、どうすればその反発がわかるのかという説明をします。

 

 

まずはどの時間足のトレンドに乗るかを決めます。

例えば、1時間足のトレンドで、グランビルの法則を使ってトレードをするとします。

 

そこで1時間足のトレンドの押し目を狙うわけですが、

まずは、下の図をご覧ください。

eurjpyh1

上の図が1時間足のユーロ円のチャートになります。

 

そして、赤線で引いたところにトレンドがあります。

 

このトレンドの押し目を狙ってトレードするのですが、

トレンドの青い○で囲ってある部分をご覧ください。

 

この1時間足のチャートでは押し目の部分が小さくてわかりませんよねw

 

 

 

押し目の反発を狙ってトレードしたいのですが、

これでは、反発がわかりにくいです。

 

そこで、5分足チャートに切り替えます。

下の図が1時間足の青い○の部分の5分足チャートになります。

eurjpym5

赤い線を引いてあるのが、1時間足の”戻り”の部分になります。

この”戻り”は1時間足では押し目の部分になりますが、

5分足で表示してみると下降トレンドが発生しているのがわかります。

 

ですから1時間足で押し目の反発を狙ってトレードする場合は、

5分足の下降トレンドのトレンド転換を確認してエントリーするのです

 

トレンド転換についてはこちら

 

そして、下降トレンドから上昇トレンドに切り替わるときは、

最安値の1つ前のスイングの高値の部分のレジスタンスラインを突破したら、

トレンドが転換したと考えエントリーします。

 

 

5分足チャートに表示してある青い線がそのレジスタンスラインになります。

このレジスタンスラインを突破したらこの下降トレンドが上昇トレンドに切り替わったと判断して、

エントリーします。

 

1時間足のトレンドの押し目の反発を5分足のトレンドの転換でエントリーするのです。

 

 

そうすれば1時間足のトレンドに乗れますし、

大きな時間足の拡大したものが短い足と言うわけになります。

 

このようなことからも、短い足ばかりを見ていてもダメですし、

大きい足を見ていてもダメなのです。

 

必ず大きな時間足でトレンドを確認し短い足でタイミングを計って、

エントリーするようにしていただきたいです。

4つのパターンにおけるトレードの解説

グランビル1グランビルs1

1は、トレンドが転換したとしてトレードする方法になります。

トレンド転換についてはこちら

トレンドが転換したと確認してエントリーします。

順張りの考え方になります。

グランビル2グランビルs2

2は、移動平均線が、上昇またか下降しているときに同一方向にトレンドが形成されていて、

トレンドとは逆にレートが動くことつまり「戻り」または「押し目」と呼ばれる形になり、

そして、再度トレンド方向にレートが動いたところをエントリーします。

このトレード方法は、順張りと呼ばれる方法になります。

グランビル3グランビルs3

3は、上昇しているまたは移動平均線の上または下でレートが下がり移動平均線に触れずに反発し、

レートが再度上昇したらロングします。

またはレートが再度下降したらショートします。

これも、トレンドフォローつまり押し目買いまたは押し目売り、

そして、順張りというトレード方法になります。

グランビル4グランビルs4

4については、移動平均線と大幅に乖離(かいり)したところつまり、移動平均線とレートが大幅に離れたところで、

移動平均線にレートが戻ることを利用して、トレードすると言う方法になります。

確かにレートは平均に戻りますし、異常な状態は長くは続きません。

しかし、その異常な状態がいつまで続くかはわかりませんし、

どこまでレートが移動平均線から離れるのかもわかりません。

そして、1、2、3は、順張りと呼ばれるトレード方法なのですが、

この4に関しては逆張りと呼ばれるトレード方法になります。

順張りと逆張りについてはこちら

逆張りはリスクが高いですし、確率もあまりよくありません。

とても難しいトレード方法になります。

もしも、トレードするとしたら1、2、3でトレードすることをお勧めします。

私は逆張りを散々行ってきましたが、

ぜんぜんうまくいきませんでした。

私にセンスがなかっただけかもしれませんが、

比較的難しいトレード方法ですし、

慣れていない方やルールどおりにトレードできない方は、

おすすめはできません。

そのような経験からも、とても初心者の方や勝てていない方にお勧めできませんし、

逆張りのトレード方法は、順張りのトレード方法で勝てるようになってから、

トレードしていただいても遅くはありません。

初心者の方や勝てていない方は順張りのトレードからトレードしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク