グランビルの法則の1、5とダウ理論を使ったトレンド転換の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでトレードしていくうえで、

覚えていただきたいことがあります。

 

 ・グランビルの法則

 ・ダウ理論

 

この2つの考え方は世界中のトレーダーが、

使っている考え方になりますし、

ほとんどのトレーダーがこの2つを理解しています。

 

ですから、トレードをしていくなら覚えなくてはいけません。

もしも、この2つがわからないと言う方は、もう一度勉強をして基礎を覚えていただきたいです。

 

グランビルの法則についてはこちら

 

 

 

まずグランビルの法則の1、5についておさらいしていきます。

こちらの図をご覧ください。

ローソク足 黒線 移動平均線 赤線

グランビル1グランビル5

グランビルの法則の説明で、

ショートの場合は”ショートの1”と表示してあったり、

正規の数字のまま”5”と表示してある場合もありますので、

注意してください。

 

今回は正規の表示で”5”と表示させていただきます。

 

 

この2つのパターンでは、

移動平均線が、下降または上昇してから横ばいになるか、

下降なら上昇、上昇なら下降しそうな状態で、

 ・ロングの場合は下から上

 ・ショートの場合は上から下

レートが移動平均線を突き抜けたときが、

トレンド転換としています。

 

 

 

次にダウ理論について説明します。

 

 

ダウ理論では、

 ・高値と安値が同時に切り上げていく状態を上昇トレンド

 ・安値と高値が同時に切り下げていく状態を下降トレンド

このように定義しています。

 

では、こちらの図をごらんください。

 

daurironnentori

下降トレンドがトレンド転換したとして判断するのは、

最安値の1つ前のスイングの高値のレジスタンスラインを、

上にレートが突き抜けたら上昇トレンドと判断します。

1daurironnentori

上昇トレンドが下降トレンドにトレンド転換したと考えるには

最安値の1つ前のスイングの安値のサポートラインを、

下に突き抜けたら下降トレンドと判断します。

 

 

このようにダウ理論とグランビルの法則の2つのトレンド転換のパターンがありますが、

この両方を使ってトレンド転換のサインとすることができれば、

確率はより高くなります。

 

結果的にダウ理論のほうでトレンド転換を確認すれば、

グランビルの法則の1、5に当てはまることが多いですが、

ただ単にダウ理論だけでトレードするよりも、

この2つ組み合わせたほうが、信ぴょう性は増します。

 

 

簡単にまとめると、この2つのサインがでたらトレードするのです。

 

 

このように多くのフィルターをかけることによってダマシを防げます。

 

この2つに言えることではないのですが、

多くのテクニカルが、同じポイントで同じサインをだすことがあります。

結果的にそう重なるのですが、

やはりそのポイントが、重要と言うことになります。

 

 

 

このように「トレンドが転換したのを確認してからトレードする」という考え方のほうが、

長期的にみれば利益は望めます。

そして、何よりもわかりやすいですし、

初心者の方や勝てていない方などには、

おすすめのトレード手法になります。

 

 

私もこのようなトレード方法は採用していますし、

FXで勝っているトレーダーが難しいことをしているように感じるかもしれませんが、

難しいことをしているトレーダーもいますが、

実際は、ものすごくシンプルな考え方なのです。

 

 

ですからみなさんも難しく考えすぎないようにトレードをしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク