FXはギャンブルではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、FXとギャンブルって同じものだと思いますか?

 

同じだと思う方はどこが同じだと思いますか?

また違うと思う方はどこが違いますか?

 

この質問をよく考えていただきたいです。

 

 

私はFXとギャンブルは”違う”と思います。

 

FXは”投資”です。

 

ですが、あなたの使い方によっては、

FXは「投資」にもなりますし、

「ギャンブル」にもなってしまいます。

 

正しい使い方をすれば、

あなたを幸せにしてくれる反面、

使い方を間違えれば、

あなたを不幸にしてしまいます。

 

それが、FXであり、

”投資”なのです。

 

 

私の感覚ではギャンブルは”運任せ”のイメージがあります。

 

しかし、パチンコのようにパチプロと呼ばれる人がいるのならば、

そこには何かしらの可能性があると思いますし、

努力すれば、トータルで勝てるのではないかと思います。

 

しかし、パチンコなどで努力したとしても

「勝てる金額」というのはたかがしれていますし、

費用対効果もよくありません。

 

私も少しパチンコをやったことがあるのですが、

確かに、楽しいです。

 

大当たりするととても楽しい気分になります。

 

しかし、なぜそのよう気分になるのかをご存じでしょうか?

 

人間はランダムな報酬だと高揚感になるのです。

しかし、FXはそのような高揚感を求めてはいけないのです。

 

 

 

そして、よく勘違いされている方が多いのが、

FXのことをギャンブルの延長線上だと思っていることです。

 

 

その結果上記のようにギャンブルをする感覚でFXをしてしまう方が多いです。

また、ほとんどの方がこの”真実”に気づいていないと思われますし、

気づこうとしていません。

 

そのギャンブルをする感覚が、

FXではものすごく危険ですし、

あなたの大切なお金を失ってしまうのです。

 

多くのギャンブルは、

失う金額が最初からわかっていますが、

FXは「自分で損切りしない限り」損失がわかりません。

 

 

例えばギャンブルは、1万円といったら1万円しか損をしませんが、

FXは、例え1万通貨だとしても200Pipsの損失を出してしまえば、

2万円になります。

 

500Pips損失を出してしまえば、

5万円にもなります。

 

FXは自分で損切りしない限り、

いくらでも損失を出してしまうのです。

 

この重要な部分をわかっていない人がとても多いです。

その結果大損などをして、

相場から去ってしまいます。

 

 

確かに、FXにもときには運が、

必要になってきます。

 

しかし、ギャンブルのように運を頼っていては、運に恵まれないのも事実です。

 

最初から運に頼らず、長期的な優位性を持ってトレードしている人が、

たまたま訪れる”運”をものにできるのです。

 

 

”運”は、求めるのではなく、

結果的に気づくものですし、

ついてくるものです。

 

トレードが終わってから運がよかったと気づきますし、

最初から運を求めていては、

運は、遠ざかってしまうものです。

 

 

ですから、FXで私たちにできることは、

最初から運に頼らず謙虚にトレードするしかないのです。

 

そして、その謙虚にトレードを繰り返していると、

たまに大きな利益をもたらしてくれるのが、運なのです。

 

 

「運も実力のうち」

 

 

このような言葉がありますが、

この言葉の本当の意味は、

実力があるからこそ「運」が訪れると私は信じています。

 

実力がないものには、

運が味方をしてくれるとしても一時的です。

絶対につけが回ってきますし、

長くは続いてくれません。

 

もし仮に運で継続的に勝てるとするのならば、

ここまで多くの人が勝てていないと言うのが、

説明できません。

 

FXは、上がるか下がるか確率的には、

50%なのですから、

もっと勝てている人がいてもおかしくはありません。

 

 

 

ですから、みなさんもギャンブルのように運に頼らず、

FXをしてください。

 

 

運に頼っていては、

いつまでたっても勝てるようにはなりません。

 

運を手に入れたければ、

運に頼ってはいけないのです。

 

みなさんも最初から運に頼らず謙虚にトレードしていれば、

必ず、運と呼ばれるご褒美が手に入りますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク