9割の人が負けているという事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、FXでどのくらいの割合の人が、

勝てていると思いますか?

 

ジャジャン

 

 

約1割です。

 

 

この事実を受け入れなければいけませんし、

改めてFXの難しさを実感される事実です。

 

 

ですが、このような疑問をもたれる方もいるのではないでしょうか?

 

「相場は大衆の方向に動くのに、なぜ1割の人しか勝てていないのか」

 

一見矛盾しているように感じるかもしれませんが、

この真実を私なりの言葉で説明します。

 

 

まず、FXの相場は確かに大衆の方向に動きます。

ですが、この大衆の部分に着目してほしいのですが、

この大衆とは資金量つまりお金です。

 

お金の量が多い方を大衆と呼んでいるのです。

 

決して、大衆を人数として捕らえてはいけません。

あくまでも資金量です。

 

ロングしている金額が、多ければ上昇トレンドになりますし、

ショートしている金額が、多ければ下降トレンドになります。

 

 

このように大衆は、お金の量が多いほうとなります。

 

 

 

ですから、大衆の考えつまり資金量が多い方にトレードをして、

負けている9割の人の考え方の逆の考え方をするということになります。

 

 

負けている人の反対の行動や考え方ここに何かを感じませんか?

 

 

簡単は話しが、負けている人の反対にポジションを持てば良いのです。

 

当時の負けている自分と言うのは、

ほかの誰でもなく自分ですし、

「今負けている自分の反対のトレードをすればいい」

このように思えたのです。

 

負けている人の特徴とは、

 ・簡単なテクニカル指標頼りのトレード

 ・何も優位性のないレンジのブレイクまたはレジスタンスやサポートラインのブレイク

 ・よくありがちな本屋サイトに書かれている内容のトレード

 

私が、言うのもあれなんですが、

FXの優良なサイトもあります。

 

その割合は、もちろん多くはありません。

 

ですが、FXで勝てていない方や初心者の方からすれば、

すべての情報が、優良と感じてしまうかもしれません。

 

そして、その本当の優良なサイトや情報よりも

薄っぺらい情報のほうが広まっているのも事実です。

 

 

 

ですから、FXで勝てていない方は、

自分のトレードの反対のこと、

反対の考えをするようにしていただきたいです。

 

 

FXは、上がるか下がるかこの2択です。

ポジションを持ち損切りと利益にそれぞれ100PIPSのところに注文を出して置けば、

長期的にはプラスマイナスゼロになります。

 

では、なぜ負けているのでしょうか?

または、負けられるのでしょうか?

 

負けられるということは、

つまり勝てるということです。

 

 

FXは、勝てるのです。

 

 

勝てるということを負けているあなたが、

証明しているのです。

 

ですから、自信を持ち必ず勝てるようになると自分自身を信じてください。

 

自分が勝てるようになることを信じることができなければ、

勝てるようになることはできません。

 

 

「FXで勝てるようになる」

 

このことを自分自身に言い聞かせていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク