どのように勝つのか(プロフィットファクター)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはトレードで「どのように勝てばいいか」ご存じですか?

多くの方が勝率ばかり気にしては、いないでしょうか?

 

勝率は正直言ってあまり関係ありません。

 

初心者の方に、多くありがちな勘違いなのです。

勝てるトレーダーというのはたとえ勝率が10%でも勝てるのです。

 

総勝ちPips数が、総負けPips数を上まわれれば利益が出るのです。

 

そして、この勝ちPips数と負けPips数の割合を「プロフィットファクター」と言います。

略して”PF”と表記する場合もあります。

 

プロフィットファクターの計算方法は、総勝ちPips数÷総負けPips数です。

 

例えば勝ちPips数の合計が150Pips数だとします。

そして、負けPips数の合計が100Pips数ならば、

計算式と答えは、150÷100=1.5になります。

上記の例えならばプロフィットファクターは”1.5”ということになります。

 

 

プロフィットファクターは1で損益が0です。

勝ってもいないですし負けてもいないです。

 

 

このプロフィットファクターが1以上になれば、勝率なんてどうでもいいのです。

 

例えば、勝率にこだわってトレード結果が9勝1敗だとします。

勝率90%なので一見聞こえはいいかもしれません。

 

ですが、ふたを開けて中身を見てみますと、

 ・総勝ちPips数が90Pips

 ・総負けPips数が100Pips

合計マイナス10Pips数になります。

 

そしてプロフィットファクターは以下になります。

90÷100=0.9

 

勝率が90%のマイナス10Pips数になり、

プロフィットファクターが”0.9”という初心者の典型的な負けパターンになってしまいました。

小さい勝ちをコツコツ重ねて、その積み重ねを一回のミスで吹き飛ばす。

 

 

そして、このことを”コツコツドカン”と言います。

 

これではいつまでたってもトータルで勝てるようにはなりません。

 

プロフィットファクターはいきなり1以上にはなりませんので、

まずは、勝率を気にしないで損小利大を目指してください。

 

 

最初は勝率がついてこなくて負け越してしまうかもしれません。

ですが、この損小利大を意識して勝率が50%を上まわれれば、

トータルでプラスになってきます。

 

プロフィットファクターが1,5で勝率が50%ならばトータルプラスです。

総勝ちPips数が150Pipsで、

総負けPips数が100Pipsという状況です。

 

一回の勝ちが大体30Pipsで、

一回の負けが大体20Pipsです。

 

この損小利大ができれば、

勝率が例え30%でもトータルプラスになれます。

 

そして、この損小利大は、ほとんどの勝っているトレーダーが、意識していることです。

ですから、みなさんもこのプロフィットファクターを意識して損小利大を心がけてください。

 

 

私たちは勝率を上げるためにトレードしているわけではありません。

 

勝つためにトレードをするのです。

 

そのことを忘れずに日々トレードしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク