どのように勝つのか(プロフィットファクター)

みなさんはトレードで「どのように勝てばいいか」ご存じですか?

多くの方が勝率ばかり気にしては、いないでしょうか?

 

勝率は正直言ってあまり関係ありません。

 

初心者の方に、多くありがちな勘違いなのです。

勝てるトレーダーというのはたとえ勝率が10%でも勝てるのです。

 

総勝ちPips数が、総負けPips数を上まわれれば利益が出るのです。

 

そして、この勝ちPips数と負けPips数の割合を「プロフィットファクター」と言います。

略して”PF”と表記する場合もあります。

 

プロフィットファクターの計算方法は、総勝ちPips数÷総負けPips数です。

 

例えば勝ちPips数の合計が150Pips数だとします。

そして、負けPips数の合計が100Pips数ならば、

計算式と答えは、150÷100=1.5になります。

上記の例えならばプロフィットファクターは”1.5”ということになります。

 

 

プロフィットファクターは1で損益が0です。

勝ってもいないですし負けてもいないです。

 

 

このプロフィットファクターが1以上になれば、勝率なんてどうでもいいのです。

 

例えば、勝率にこだわってトレード結果が9勝1敗だとします。

勝率90%なので一見聞こえはいいかもしれません。

 

ですが、ふたを開けて中身を見てみますと、

 ・総勝ちPips数が90Pips

 ・総負けPips数が100Pips

合計マイナス10Pips数になります。

 

そしてプロフィットファクターは以下になります。

90÷100=0.9

 

勝率が90%のマイナス10Pips数になり、

プロフィットファクターが”0.9”という初心者の典型的な負けパターンになってしまいました。

小さい勝ちをコツコツ重ねて、その積み重ねを一回のミスで吹き飛ばす。

 

 

そして、このことを”コツコツドカン”と言います。

 

これではいつまでたってもトータルで勝てるようにはなりません。

 

プロフィットファクターはいきなり1以上にはなりませんので、

まずは、勝率を気にしないで損小利大を目指してください。

 

 

最初は勝率がついてこなくて負け越してしまうかもしれません。

ですが、この損小利大を意識して勝率が50%を上まわれれば、

トータルでプラスになってきます。

 

プロフィットファクターが1,5で勝率が50%ならばトータルプラスです。

総勝ちPips数が150Pipsで、

総負けPips数が100Pipsという状況です。

 

一回の勝ちが大体30Pipsで、

一回の負けが大体20Pipsです。

 

この損小利大ができれば、

勝率が例え30%でもトータルプラスになれます。

 

そして、この損小利大は、ほとんどの勝っているトレーダーが、意識していることです。

ですから、みなさんもこのプロフィットファクターを意識して損小利大を心がけてください。

 

 

私たちは勝率を上げるためにトレードしているわけではありません。

 

勝つためにトレードをするのです。

 

そのことを忘れずに日々トレードしていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

自分の得意の勝ちパターンを極める

裁量トレードとは

トレードはサイコロの出た目の確率を求める事と同じ

FXを行ううえで自信過剰(じしんかじょう)になってはいけない理由

テクニカル指標ではなくレートの動きを見てトレードする

トレード中は自分だけの信念を貫いてください