DMIとは

”DMI”は、ADXと一緒に使うのが一般的です。

ですが、チャートによってはADXと表示されているものでもDMIも含まれていたり、

DMIと表示してあってもADXも含まれているものがあります。

そしてADX、DMIと表示してあってセットになっている場合もあります。

 

ですからみなさんも使っているチャートがADXとDMIがどのようになっているのか

チェックしてみてください。

 

ADXがわからない方はこちら

 

 

DMIについて説明していきます。

DMIとはDirectional Movement Index

上記の略になります。

そしてADXと同様にRSIを開発したワイルダーという人が考案したテクニカルです。

 

 

そしてDMIは、主にトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを。

判断するのに使うテクニカルです。

2本の線がありそれぞれが上昇トレンド、下降トレンドを判断します。

 

上昇トレンドが+DI

下降トレンドが-DI

上記のようになっています。

 

上昇トレンド時は、-DIを+DIが上回りますし、

下降トレンド時は、+DIを-DIが上回ります。

 

そして”DMI”の基本的な期間の設定は「14」になります。

 

一般的にどのようにトレードするかといいますと、

-DIを+DIが下から上に突き抜けた時つまりゴールデンクロスが、買いシグナル

+DIを-DIが上から下に突き抜けた時つまりデッドクロスが、売りシグナルとなります。

 

ですが、上記のままトレードしてしまいますとレンジ相場では、

+DIと-DIがジグザグに動いてしまいシグナルが連発してしまいます。

ですからただ単にDMIでのシグナルだけのトレードはしないようにお願いします。

 

しかし、ここで相方のADXの出番です。

DMIとADXは、お互いの欠点をお互いが補ってくれます。

 

 

+DIと-DIがクロスしたとしてもADXが低水準に推移していれば、

トレンドが弱くダマシの可能性が高くなります。

ですからADXが低水準のときというのは、トレードをしないようにお願いします。

 

 

そして、ADXの値が高くそれからDMIがクロスした場合ですと、

信ぴょう性の高いシグナルとされています。

 

 

ですからほとんどの場合がADXとDMIはセットになっている場合が多いですし、

 

もし別々でしたら両方を表示させることをおすすめします。

 

 

そして、いくらADXとDMIのシグナルがよかったとしても、

そのシグナルだけを頼りにトレードしても、おそらく勝てないでしょう。

 

FXはテクニカルではなく相場を見なければなりません。

あくまでも目安として見てくれればいいと思います。

テクニカルだけに頼ってはいけません。

 

テクニカルだけで勝てたら誰も苦労しません。

 

今回の例えは、テクニカルを紹介するためにあくまでも使い方として、

売り買いのタイミングを説明しているだけです。

みなさんもまずはテクニカルにあまり頼らないトレードをすることを

心がけてください。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

最強の移動平均線20EMAの設定方法と見方とトレード方法

ADXとは

パラボリックとは

FXのテクニカルMACDの設定方法とトレードの仕方

RSIとは

ストキャスティクスとは