DMIとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

”DMI”は、ADXと一緒に使うのが一般的です。

ですが、チャートによってはADXと表示されているものでもDMIも含まれていたり、

DMIと表示してあってもADXも含まれているものがあります。

そしてADX、DMIと表示してあってセットになっている場合もあります。

 

ですからみなさんも使っているチャートがADXとDMIがどのようになっているのか

チェックしてみてください。

 

ADXがわからない方はこちら

 

 

DMIについて説明していきます。

DMIとはDirectional Movement Index

上記の略になります。

そしてADXと同様にRSIを開発したワイルダーという人が考案したテクニカルです。

 

 

そしてDMIは、主にトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを。

判断するのに使うテクニカルです。

2本の線がありそれぞれが上昇トレンド、下降トレンドを判断します。

 

上昇トレンドが+DI

下降トレンドが-DI

上記のようになっています。

 

上昇トレンド時は、-DIを+DIが上回りますし、

下降トレンド時は、+DIを-DIが上回ります。

 

そして”DMI”の基本的な期間の設定は「14」になります。

 

一般的にどのようにトレードするかといいますと、

-DIを+DIが下から上に突き抜けた時つまりゴールデンクロスが、買いシグナル

+DIを-DIが上から下に突き抜けた時つまりデッドクロスが、売りシグナルとなります。

 

ですが、上記のままトレードしてしまいますとレンジ相場では、

+DIと-DIがジグザグに動いてしまいシグナルが連発してしまいます。

ですからただ単にDMIでのシグナルだけのトレードはしないようにお願いします。

 

しかし、ここで相方のADXの出番です。

DMIとADXは、お互いの欠点をお互いが補ってくれます。

 

 

+DIと-DIがクロスしたとしてもADXが低水準に推移していれば、

トレンドが弱くダマシの可能性が高くなります。

ですからADXが低水準のときというのは、トレードをしないようにお願いします。

 

 

そして、ADXの値が高くそれからDMIがクロスした場合ですと、

信ぴょう性の高いシグナルとされています。

 

 

ですからほとんどの場合がADXとDMIはセットになっている場合が多いですし、

 

もし別々でしたら両方を表示させることをおすすめします。

 

 

そして、いくらADXとDMIのシグナルがよかったとしても、

そのシグナルだけを頼りにトレードしても、おそらく勝てないでしょう。

 

FXはテクニカルではなく相場を見なければなりません。

あくまでも目安として見てくれればいいと思います。

テクニカルだけに頼ってはいけません。

 

テクニカルだけで勝てたら誰も苦労しません。

 

今回の例えは、テクニカルを紹介するためにあくまでも使い方として、

売り買いのタイミングを説明しているだけです。

みなさんもまずはテクニカルにあまり頼らないトレードをすることを

心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク