デモトレードからリアルトレードにした途端に勝てなくなってしまったときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多くの方がデモトレードを行ってリアルトレードに移るのですが、

デモトレードでは、勝てていたのにもかかわらず、

「リアルトレードになった途端に勝てなくなってしまう」

このような悩みを抱えている方も多いが現実です。

 

おそらく多くの方がその理由に気づかずに、

悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

 

その最大の理由は、

「実際のお金」だからです。

 

デモでは、いくら本番を想定したとしても、

心のどこかで実際のお金ではないと認識しています。

実際のお金でトレードしない限り気づかないことってものすごくあるのです。

 

ですから、みなさんもリアルトレードに移行してから、

苦労してしまうのです。

 

 

そこで「どのようにリアルトレードでもデモトレードのようにトレードできるか」を説明します。

 

お金に対するプレッシャーは、

そう簡単になくすことはできません。

 

ですが、始めは数字を重視し、

なおかつ機械的にトレードしてください。

 

なるべくデモトレードのようにトレードすることを心がけてください。

心がけることが重要なのです。

 

意識することによって徐々にそのことができるようになります。

 

 

しかし、それでもなかなかできないのがリアルトレードです。

 

実際のお金を使ってトレードする緊張感やプレッシャーは、

計り知れません。

 

 

そこでみなさんにしていただきたいのが、

”トレード記録”を見直してみてください。

 

デモトレードとリアルトレードでの違いを探してみてください。

 ・損切りが遅れている

 ・損切りが早すぎる

 ・利食いが早すぎる

 ・エントリーが遅すぎる

 

このようにデモトレードではできていて、

リアルトレードでは、できないことの原因を調べてください。

 

まずは、原因を知ることが重要ですし、

その原因がわかれば「なぜリアルトレードで勝てていないのか」

この悩みがなくなりますので、

それだけでも収穫があります。

 

そして、原因がわかれば対策も練れます。

 

まずは、トレード記録を振り返ってください。

 

このトレード記録を振り返ることは、

 ・トレードで結果がよくないとき

 ・勝てなくなったとき

このような場合に「自分がいつもと同じようにトレードできているのか?」

 

上記のように比べることができます。

 

もしも、いつもよりも損切りが遅れているのならば、

損切りを注意してトレードすることもできますし、

いつもよりも利食いが早いのならば、

利食いを注意してトレードすることができます。

 

トレード記録をとることによって「いつもの自分と今の自分のギャップ」を、

知ることができるのです。

 

トレード記録を振り返ることは、

安定した利益を出していくには、とても重要なのです。

 

 

ですからみなさんもトレード記録をぜひ取っていただきたいですし、

なんか調子が悪いと感じるのならば、

過去の自分のトレードと今の自分のトレードを比較してみてください。

 

人間は思っていることと、

実際行っていることがすぐに狂ってしまいます。

 

すぐに都合のいいように考えてしまうのです。

 

ですから、このように客観的に自分を見ることがとても重要ですし、

なおかつ数字と言う絶対的な存在からの答えは、

頼りになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク