ダウ理論を利用した利益確定方法

ダウ理論は世界中のトレーダーが、

知っていると言っても過言ではない理論です。

 

そして相場の動向を考える上で、なくてはならない理論になります。

「ダウ理論をしらない」と言う方、もう一度「理解しなおしたい」と言う方は、

もう一度こちらの記事をぜひご覧になってください。

 

ダウ理論

ダウ理論パート2

 

 

ダウ理論の考えですとトレンドは、

”高値と安値が同時に切り上がるかまたは、切り下がるか”

上記が上昇トレンドと下降トレンドの定義となります。

 

またダウ理論では「トレンドは終わるまで続く」と考えられますし、

「トレンドが終わるまで続く」と言うことは終わったら利益を確定すると考えられます。

 

 

そして、簡単な利食いの考え方は以下になります。

 ・上昇トレンドでポジションを保有しているのであれば、下降トレンドになったら利食い

 ・下降トレンドでポジションを保有しているのであれば、上昇トレンドになったら利食い

このような利食いの考え方もできます。

 

 

そして、このことを「トレンド転換」と言います。

くわしくはこちらの記事に書いてありますので、

ぜひわからない方やもう一度確認したい方はご覧になってください。

 

トレンド転換について

 

そして、ダウ理論のトレンド転換を利用して、

具体的な利食いの方法を説明しますので、下の図をご覧ください。

ダウ理論利食いロング

上昇トレンドならばこのようにサポートラインを突破したら利食いできます。

ダウ理論利食い

下降トレンドではレジスタンスラインを突破したところで利食いができます。

 

 

このようにトレンド転換のポイントを利食いのポイントにできます。

 

 

そして、トレンドが転換したのを確認してポジションを利食いします。

その後、ポジションを保有していた方向の反対にポジションを持つことを、

「ドテン」と言います。

 

また、大きな時間足のトレンド方向にロングしていたのであれば、

ここでショートしてしまうと、

トレンドとは逆のポジションを持ってしまうことになります。

 

ですから、大きな時間足のトレンド方向にエントリーして、

「トレンド方向とは逆の場合は利食いする」といった形に、

トレードしてもらえればリスクが少ないトレード方法になります。

 

 

 ・大きな時間足のトレンドと反対は利食い

 ・大きな時間足のトレンド方向にエントリー

このように覚えていただけたら、

わかりやすくトレードできるのではないでしょうか?

 

 

 

また、ダウ理論は、エントリー、損切り、利益確定

さまざまなことに使える理論です。

 

 

世界中のトレーダーがダウ理論を知っています。

あなたもダウ理論を覚え世界中のトレーダーの仲間入りをしなければなりません。

 

世界中のトレーダーの思考になることが、

FXで生き残るためには必要になってきます。

 

ぜひみなさんもこのダウ理論をマスターして自分自身の武器にしてください。

きっとあなたを助けてくれるとても大きな存在になるでしょう。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

トレンドとは

短い足だけを見るのはなぜいけないのか

トレンド転換時レジスタンスラインとサポートラインを使った信ぴょう性の高いトレード...

トレンドフォローのトレード方法

利食いは永遠の課題

トレードする際に小さいスイングは考えなくてもいい