ダウ理論でトレンド転換を確認してトレードする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでは上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場かを確認してトレードするのですが、

今回は、トレンド転換を狙ってトレードする方法を説明します。

 

始めに、どのようにトレンド転換を確認するかを説明します。

 

 

トレンド転換とは

 ・上昇トレンドが下降トレンドに変わる時

 ・下降トレンドが上昇トレンドに変わる時

このような状態がトレンド転換になります。

 

 

そして、トレンド転換の確認方法は、

「テクニカル指標」を使って確認する方法と、

「ダウ理論」に基づいて確認する方法があります。

 

 

ダウ理論についてわからないまたは、復習したい方はこちら

ダウ理論 ダウ理論パート2

 

 

ダウ理論では

 ・高値と安値を同時に切り上げていくのが上昇トレンド

 ・安値と高値を同時に切り上げてくのが下降トレンド

このようになります。

 

 

・・・・・・と言うことはですよ。

 

 ・上昇トレンドが高値と安値を同時に切り下げれば下降トレンドになる

 ・下降トレンドが高値と安値を同時に切り上げれば上昇トレンドになる

このようなことになります。

 

 

 

次はこのダウ理論を利用したトレード方法を説明します。

 ・上昇トレンドが下降トレンドに転換したポイント

 ・下降トレンドが上昇トレンドに転換したポイント

このようなポイントを狙う形になります。

 

 

 

まずは、上昇トレンドから下降トレンドに転換したポイントで、

ショートする方法を説明します。

 

こちらの図をご覧ください。

1daurironnentori

上昇トレンドが、下降トレンドに転換したと認識してトレードするのですが、

トレンドが転換したと認識するポイントが、

☆の部分の最高値の1つ前のスイングの安値の部分のサポートラインを、

突破したら下降トレンドに転換したと認識します。

そして、赤○のポイントでエントリーします。

 

 

サポートラインとレジスタンスラインについてはこちら

 

 

注意しなければならないのが、

サポートラインの部分から5Pips下の部分で、逆指値でエントリーしてください。

 

 

ではなぜ、5Pips下でエントリーするのか説明します。

 

サポートラインと同じレートで注文をだしてしまいますと、

サポートラインまでレートが下がってきたときに、

サポートラインのレートで、ショートのエントリーをしてしまう可能性があるからです。

 

サポートラインを突破しない限りトレンドは、続くと考えてください。

ですから、サポートラインを突破したと考える5Pips下でエントリーするのです。

 

 

次は下降トレンドから上昇トレンドに転換したポイントで、

ロングする方法を説明します。

下の図をご覧ください。

daurironnentori

下降トレンドが、上昇トレンドに転換したと認識してトレードするのですが、

トレンドが転換したと認識するポイントが、

☆の部分の最安値の1つ前のスイングの高値の部分のレジスタンスラインを、

突破したら上昇トレンドに転換したと認識します。

そして、赤○のポイントでエントリーします。

 

 

そしてこちらも注意しなければならないのが、

レジスタンスラインから5Pips上でエントリーします。

 

レジスタンスラインと同じレートでエントリーしてしまうと、

レジスタンスラインにレートが抑えられて、

下降トレンドが継続してしまう可能性があるからです。

 

 レジスタンスラインを突破しない限りトレンドは、続くと考えてください。

ですから、レジスタンスラインを突破したと考える5Pips上でエントリーします。

 

 

 

 

そして最後に、損切りするポイントを説明します。

 

上昇トレンドから下降トレンドに転換したとしてショートする場合は、

最高値の5Pips上で逆指値で損切り。

 

下降トレンドから上昇トレンドに転換したとしてロングする場合は、

最安値の5Pips下で逆指値で損切りです。

 

 

こちらの最高値最安値の部分にも、

サポートライン、レジスタンスラインがあるので、

ここでレートが支えられるまたは抑えられるかもしれませんので、

5Pips開けて損切り注文を出してください。

 

 

これが、トレンド転換を確認してトレードする順張りのトレードになります。

 

みなさんも自分の好きな時間足、自分にあったスタイルで、

この方法でトレードしてみてください。

必ずデモトレードで検証して自分のものにしてから、

実践でトレードしてみてください。

 

約束してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク